HEADLINE

2018年10月21日(日) メットライフドーム

西武
試合終了
CS Final 5回戦
13:01
ソフトバンク
  • 解説:松沼博久/実況:長谷川太
ソフトバンク
西武
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
3 0 0 0 0 1 0 2 0
0 0 0 0 2 1 0 1 1
R H E
6 12 0
5 9 0

スコアボードの得点をクリックすると、そのイニングのトピックスが表示されます。

  • 1回表

    10年ぶりに所沢の地で迎えたCSファイナルステージはここまで2勝3敗。
    ホークスに王手をかけられた状況で迎えた第5戦の先発マウンドに上がるのはウルフ。
    無敵の青炎は逆境の時こそ熱く強く響く!いざ逆王手を!

    上林:右越二塁打、明石:死球→1・2塁、グラシアル:一安(バントヒット)→満塁、柳田:左中間二塁打(+3点)、三ゴ、中村晃:二飛、長谷川勇也:左飛で攻撃終了。

    試合開始早々にノーアウト満塁のピンチを招くと柳田に走者一掃のタイムリーを浴びて3点を失う。

  • 2回表

    西田:中安、甲斐:投ギ→2塁、上林:一直、二塁走者西田走塁死(Lリクエスト成功)で攻撃終了。

    山川のファインプレーでピンチを凌ぐ!

  • 3回表

    明石:二安、グラシアル:遊ゴ→2塁、柳田:見三振、デスパイネ:三ゴで攻撃終了。

    ピンチを招くも無失点。

  • 4回表

    中村晃:遊ゴ、長谷川勇也:三ゴ、西田:二安、甲斐:右飛で攻撃終了。

    2アウトからランナーを許すも無失点。ウルフは徐々に調子を上げてきました。

  • 5回表

    上林:見三振、明石:空三振、グラシアル:空三振で攻撃終了。

    解説の兄やんも「キレが出てきた」と絶賛のウルフ、三者連続三振!

  • 6回表

    柳田:右越本塁打(+1点)、デスパイネ:二飛、中村晃:三ゴ、長谷川勇也:投安
    ▼Pウルフ→平井
    ▼一塁走者長谷川→PR松田宣浩、西田の打席でキャッチャー森捕逸→2塁、西田:左安→1・3塁、甲斐:空三振で攻撃終了。

    1点差に迫ったのも束の間、柳田に2試合連続となるホームランを浴びてしまいました。

  • 7回表

    ▼P平井→小川
    上林:見三振、▼明石→PH川島:二ゴ、グラシアル:左安、柳田:四球→1・2塁
    ▼P小川→増田
    デスパイネ:右飛で攻撃終了。

    3番手・小川が2アウトからピンチを招くも4番手・増田がデスパイネを抑えて無失点。さぁラッキーセブンの攻撃!無敵の青炎を届けよう!

  • 8回表

    ▼P増田→マーティン
    中村晃:二邪、松田宣浩:四球、西田:ギ野→1・2塁、▼甲斐→PH内川:中飛(秋山ジャンピングキャッチ!)、上林:右越三塁打(+2点)、川島:右飛で攻撃終了。

    上林の打球は無情にも前進守備のライトの頭上を越え、ライオンズのビハインドは3点に広がりました…。

  • 9回表

    ▼Pマーティン→ヒース
    グラシアル:中安、▼グラシアル→PR福田、柳田:左飛、デスパイネの打席で福田盗塁成功→2塁、デスパイネ:三ゴ、中村晃:四球→1・2塁、松田宣浩:右飛(外崎ファインプレー!)で攻撃終了。

    今度は前進守備が功を奏してピンチを凌ぎました。さぁ9回裏!見せてくれよミラクルゲーム!

  • 1回裏

    秋山:遊飛、源田:遊飛、浅村:右飛で攻撃終了。

    積極攻撃も実らず、僅か9球で三者凡退。

  • 2回裏

    山川:左飛、栗山:一ゴ、外崎:空三振で攻撃終了。

    初回に続き三者凡退で無得点に終わる。

  • 3回裏

    中村剛也:二飛、森:二ゴ、メヒア:空三振で攻撃終了。

    初回から3イニング連続の三者凡退で無得点。

  • 4回裏

    秋山:左邪、源田:中安、浅村:三飛、山川:遊安→1・2塁、栗山:空三振で攻撃終了。

    悪い流れを変えるべく攻撃前には円陣が組まれ、秋山は登場曲をライオンズナイターのメインテーマに変更。チーム初ヒットが源田のバットから叩き出されると山川が繋いでチャンスを作るも…無得点。

  • 5回裏

    外崎:遊安、中村剛也:右安→1・3塁、森:右安(+1点)→1・3塁、メヒア:遊併(+1点)、秋山:一安
    ▼P高橋礼→モイネロ
    源田の打席で秋山盗塁失敗(Lリクエスト失敗)で攻撃終了。

    5分以上のリプレー検証の末、秋山の盗塁は判定通りアウトに。球場は騒然。

  • 6回裏

    ▼PR松田→5、5グラシアル→7、源田:空三振、浅村:中越本塁打(+1点)、山川:三飛、栗山:四球
    ▼Pモイネロ→石川
    外崎:空三振で攻撃終了。

    キャプテン・浅村の一振りで再び1点差!

  • 7回裏

    ▼PH川島→4、中村剛也:左飛、森:空三振、メヒア:空三振で攻撃終了。

    同点、そして逆転に期待がかかるラッキーセブンの攻撃でしたが、僅か8球で三者凡退…。

  • 8回裏

    ▼P石川→加治屋
    秋山:左中間二塁打、源田:左飛→3塁、浅村:ニゴ(+1点)、山川:空三振で攻撃終了。

    浅村のセカンドゴロで1点を返し2点差に詰め寄りました。逆転を信じて9回のマウンドにはヒースが上がります。

  • 9回裏

    ▼P加治屋→森
    栗山:左飛、外崎:空三振、中村剛也:左越本塁打(+1点)、森:ニゴで試合終了。


    ☆試合概要☆
    2勝3敗、負ければ後がない状況で迎えた第5戦。
    ライオンズは初回に3点を失うと、打線も4回1アウトまで1人のランナーも出塁できない苦しい展開となります。
    5回裏に森友哉のタイムリーなどで1点差に詰め寄りますが、直後の6回に柳田に2試合連続となるHRを浴びて突き放されます。
    その後は一進一退の攻防を繰り返し、2点ビハインドで迎えた9回裏、2アウト。
    中村剛也のバットから放たれた放物線は、レフトスタンドに吸い込まれるソロホームランとなり、1点差に迫ります。
    突き放されても何度でも追い縋る姿に、誰もが奇跡を信じました。
    しかし、あと一歩届かず。10年ぶりの日本シリーズ進出を惜しくも逃してしまいました。

    143試合+5試合。
    皆さんの声援は、間違いなく選手たちを後押しする「無敵の青炎」でした。
    最後は悔しい結末となりましたが、10年ぶりのリーグ優勝を成し遂げたチームの力は本物です。

    12球団最高と言われるまでに成長した打線は、今年以上に成長した姿を見せてくれるでしょう。
    投手陣は最多勝を挙げた多和田を筆頭に、まだまだ伸び代のある楽しみな選手たちが沢山います。
    この悔しさを胸に、さらなるレベルアップを果たしたライオンズの来年に期待しようではありませんか。
    我々もファンの皆様と共に熱く!来シーズンも引き続き、ライオンズを見守って行きたいと思います。

    今シーズンもライオンズナイターをご愛聴頂き、誠にありがとうございました。
    来シーズンこそ!

責任投手

  • 石川(1勝0敗)
  • 森(1S)
  • ウルフ(0勝1敗)

投手

西武

ウルフ-平井-小川-増田-マーティン-ヒース

ソフトバンク

高橋礼-モイネロ-石川-加治屋-森

本塁打

西武

浅村2号ソロ(6回) 中村剛也1号ソロ(9回)

ソフトバンク

柳田2号ソロ(6回)

ソフトバンク スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1上林誠知51
2明石健志8
3Y.グラシアル27
4柳田悠岐9
5A.デスパイネ54
6中村晃7
7長谷川勇也24
8西田哲朗22
9甲斐拓也62
 先発高橋礼28

西武 スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1秋山翔吾55
2源田壮亮6
3浅村栄斗3
4山川穂高33
5栗山巧1
6外崎修汰5
7中村剛也60
8森友哉10
9E.メヒア99
 先発B.ウルフ54

ライオンズナイター twitter

× 閉じる