HEADLINE

2018年10月18日(木) メットライフドーム

西武
試合終了
CS Final 2回戦
18:00
ソフトバンク
  • 解説:松沼博久/実況:長谷川太
ソフトバンク
西武
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
0 3 2 0 0 0 0 0 0
3 4 1 0 0 1 4 0 x
R H E
5 8 1
13 11 1

スコアボードの得点をクリックすると、そのイニングのトピックスが表示されます。

  • 1回表

    10年ぶりに所沢の地で迎えるCSファイナルステージ。
    その初戦にエース・菊池雄星を立てたライオンズでしたが、1stステージを勝ち上がってきたホークスの勢いを止められず黒星スタートとなりました。
    第2戦の先発マウンドに上がるは最多勝・多和田真三郎。ホークス打線を捻じ伏せて、勝利を呼び込め!

    上林:一ゴ、明石:空三振、グラシアル:空三振で攻撃終了。

    スピッツの「渚」に乗せて3万人による手拍子に送り出された多和田は三者凡退と素晴らしい立ち上がり。

  • 2回表

    柳田:右安、デスパイネ:左安→1・2塁、中村晃:左飛、松田:三ゴ→1・3塁、高田:三安(+1点)→1・2塁、甲斐:右安(+1点)、ファースト山川悪送球(+1点)→2塁、上林:一ゴで攻撃終了。

    不運な当たりのタイムリー2本に守備のミスも絡み3失点…。試合は振り出しに。

  • 3回表

    明石:ニゴ、グラシアル:四球、柳田:四球→1・2塁、デスパイネ:四球→満塁、中村晃:右越二塁打(+2点)→2・3塁、松田:中飛、高田:遊ゴで攻撃終了。

    ノーヒットで満塁のピンチを招くとタイムリーを浴びて2失点。大乱戦がまだまだ続きます。

  • 4回表

    甲斐:空三振、上林:一ゴ、明石:遊ゴで攻撃終了。

    初回以来の三者凡退!

  • 5回表

    グラシアル:三ゴ、柳田:遊ゴ、デスパイネ:見三振で攻撃終了。

    2イニング連続の三者凡退!

  • 6回表

    中村晃:一ゴ、松田:左安、高田:一ゴ→1塁、(Lリクエスト失敗)、甲斐:見三振で攻撃終了。

    3イニング連続の無失点。多和田はここまで104球。

  • 7回表

    ▼P多和田→増田
    上林:三飛、明石:中飛、グラシアル:中安、柳田:中安→1・2塁、デスパイネ:左飛で攻撃終了。

    2番手はこのシリーズ初登板の増田。2アウトからピンチを招くも無失点。

  • 8回表

    ▼P増田→マーティン、5中村剛也→永江
    中村晃:三飛、松田:見三振、▼高田→PH長谷川:空三振で攻撃終了。

    3番手はこちらもシリーズ初登板のマーティン。2三振を奪うなど素晴らしいピッチングで三者凡退。

  • 9回表

    ▼Pマーティン→ヒース
    ▼甲斐→PH内川:投ゴ、上林:四球、明石の打席で上林進塁(盗塁記録されず)→2塁、明石:空三振、グラシアル:空三振で試合終了。


    ☆試合概要☆
    1勝1敗のタイで迎えたCSファイナルステージ第2戦は序盤から壮絶な乱打戦となりました。
    ライオンズは初回、栗山の3ランHRで幸先よく先制しますが、直後にエラーなどで3点を奪われ同点とされます。
    浅村の3ランHRなどですぐさま4点を奪い返し勝ち越しに成功しましたが、その後も点の奪い合いが続き、3回終了時点で8対5の大乱戦。
    波乱の展開が続くかに思われましたが、中盤以降は立ち直った多和田が6回までを投げ切り、7回以降はリリーフ陣が無失点で繋ぎ、それ以上の失点を許しませんでした。
    打線も終盤にかけて効果的に追加点を刻み、終わってみれば大量13得点でホークスを圧倒。前夜の二桁失点を二桁得点で「お返し」することに成功しました。
    これで2勝1敗。日本シリーズまであと2勝です。

    明日の予告先発投手
    L:榎田大樹/H:千賀滉大

  • 1回裏

    秋山:右飛(上林ファインプレー)、源田:中安、浅村:右飛、山川:死球、栗山:右越本塁打(+3点)、中村剛也:捕飛で攻撃終了。

    ミランダキラー・栗山のバットが一閃!ライトスタンドへの特大アーチで3点を先制!

  • 2回裏

    森:中安、外崎:三ゴ→1塁、金子侑司:遊安→1・2塁、(Hリクエスト失敗)、秋山:左飛、源田:右安(+1点)→1・3塁、浅村:左越本塁打(+3点)、山川:四球、栗山:四球→1・2塁、中村剛也:右飛で攻撃終了。

    源田のタイムリーで勝ち越しに成功すると浅村のスリーランで一挙4得点!取られたらそれ以上に取り返す打線の頼もしさ!

  • 3回裏

    ▼Pミランダ→大竹
    森:右飛、外崎:投ゴ、金子侑司:四球、秋山:四球→1・2塁、源田:左安(+1点)→1・2塁
    ▼P大竹→高橋礼
    浅村:空三振で攻撃終了。

    源田の2打席連続タイムリーで突き放す!たまらんバッティング!

  • 4回裏

    山川:ニゴ、栗山:空三振、中村剛也:空三振で攻撃終了。

    三者凡退に終わり、毎回得点はストップ。

  • 5回裏

    森:空三振、外崎:空三振、金子侑司:ニゴで攻撃終了。

    ホークス3番手・高橋礼の前に7者連続凡退。

  • 6回裏

    秋山:四球、源田:左飛、浅村:中安→1・2塁、山川:四球→満塁、栗山:一安(+1点)→満塁
    ▼P高橋礼→寺原
    中村剛也:三併で攻撃終了。

    待望の追加点は栗山の強烈なタイムリー内野安打!

  • 7回裏

    森:四球、外崎:投ギ→2塁、金子侑司:四球→1・2塁、秋山:右安(+1点)→1・3塁、源田:三邪、浅村:四球→満塁、山川:遊失(1点)→満塁、栗山:中安(+2点)→1・2塁、▼栗山→PR熊代、中村剛也:遊ゴで攻撃終了。

    トドメのラッキーセブンは秋山の今シリーズ初ヒットとなるタイムリーで4得点!

  • 8回裏

    森:ニゴ、外崎:中飛、金子侑司:空三振で攻撃終了。

    大量リードですが最終回のマウンドにはヒースが上がります。

責任投手

  • 多和田(1勝0敗)
  • ミランダ(0勝1敗)

投手

西武

多和田-増田-マーティン-ヒース

ソフトバンク

ミランダ-大竹-高橋礼-寺原

本塁打

西武

栗山2号3ラン(1回) 浅村1号3ラン(2回)

ソフトバンク

ソフトバンク スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1上林誠知51
2明石健志8
3Y.グラシアル27
4柳田悠岐9
5A.デスパイネ54
6中村晃7
7松田宣浩3
8高田知季0
9甲斐拓也62
 先発A.ミランダ19

西武 スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1秋山翔吾55
2源田壮亮6
3浅村栄斗3
4山川穂高33
5栗山巧1
6中村剛也60
7森友哉10
8外崎修汰5
9金子侑司8
 先発多和田真三郎18

ライオンズナイター twitter

× 閉じる