HEADLINE

2018年10月3日(水)札幌ドーム

日本ハム
試合終了
最終戦
18:00
西武
西武
日本ハム
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
1 0 3 3 0 0 0 0 0
0 2 0 0 0 0 0 0 1
R H E
7 11 1
3 4 1

スコアボードの得点をクリックすると、そのイニングのトピックスが表示されます。

  • 1回表

    CSへの生き残りを賭けた高橋光成、今シーズン3試合目の先発登板。
    大先輩中村剛也が持つ、球団の日本人1シーズン本塁打記録まであと1本とした山川のバットが、今日も火を噴くか。

    秋山:左飛、外崎:見三振、浅村:三失、山川:左安→1・3塁、中村:左安(+1点)、森:一ゴで攻撃終了。

    中村のタイムリーで4試合ぶりに先制!

  • 2回表

    メヒア:三直、金子侑:四球、(金子侑二盗)、源田:三ゴ、秋山:見三振で無得点。

  • 3回表

    外崎:左安、浅村:左本(+2点)、山川:中越二塁打、中村:遊ゴ、森:二ゴ→3塁、メヒア:中安(+1点)、金子侑:二飛

    浅村のツーラン、メヒアのタイムリーですぐさま逆転!
    そして浅村は、カブレラ・中村剛也の持つ球団のシーズン打点記録124に並びました!

  • 4回表

    源田:三安、秋山:四球→1・2塁、加藤暴投→2・3塁、外崎:遊飛、木村:左本(+3点)、山川:四球、中村:空三振、森:四球→1・2塁、メヒア:空三振

    途中出場木村の一発でリードを5点に広げます!

  • 5回表

    金子侑:左飛、源田:右安、秋山:三ゴ(併殺崩れ)、外崎:空三振で無得点。

  • 6回表

    ▼P加藤→トンキン
    木村:見三振、山川:四球、熊代:四球→1・2塁、森:中飛→1・3塁、メヒア:二ゴ

  • 7回表

    ▼Pトンキン→藤岡
    金子侑→PH松井:左飛、源田:投ゴ、秋山:遊ゴで三者凡退。

    松井稼頭央が代打で登場。
    レフト線へ痛烈な打球を放つも、近藤の好守に阻まれます。

  • 8回表

    ▼5渡邉→4、4杉谷→3、3中田→9姫野、9大田→5横尾
    外崎:左安、木村:中飛、(外崎二盗)、山川:四球→1・2塁、熊代:空三振、森:見三振で攻撃終了。

  • 9回表

    ▼P藤岡→堀、PH谷口→太田、PH清宮→石川亮
    メヒア:左安、メヒア→PR山田、松井:一邪飛、源田:四球→1・2塁、秋山:空三振、外崎:二飛

  • 1回裏

    杉谷:四球、杉谷二盗、西川:四球→1・2塁、近藤:中安→満塁、中田:二飛、アルシア:空三振、大田:空三振

    8月15日以来の登板となる高橋光成。
    いきなりノーアウト満塁のピンチを招くも、何とか無失点で乗り切ります!

  • 2回裏

    渡邉:左安、清水:四球→1・2塁、中島:一犠→2・3塁、杉谷:中越二塁打(+2点)、西川:四球→1・2塁、(杉谷・西川重盗)、近藤:遊飛、中田:空三振

    2回のピンチは守りきれず、逆転を許す。

  • 3回裏

    ▼4浅村→9木村、9外崎→4
    アルシア:右飛、大田:四球、渡邉:投ゴ→2塁、清水:一邪飛で無失点。

  • 4回裏

    ▼5中村→熊代
    中島:三ゴ、杉谷:見三振、西川:四球、(西川二盗)、近藤:四球→1・2塁、中田:三ゴで無失点。

  • 5回裏

    アルシア:空三振、大田:見三振、渡邉:中飛

    この試合初めて三者凡退。
    高橋光成は今季2勝目の権利を得ました!

  • 6回裏

    清水:右飛、中島:空三振、杉谷:遊失、西川:右安→1・3塁、(西川二盗)、近藤:遊飛で無失点。

  • 7回裏

    ▼PH松井→7
    中田:右飛、アルシア:三飛、大田:右飛で三者凡退。

    このイニング僅か9球でファイターズ打線を打ち取ります!

  • 8回裏

    渡邉→PH谷口:見三振、清水→PH清宮:遊ゴ、中島:左飛で三者凡退。

    140球を超えても高橋光成の熱投は続きます!

  • 9回裏

    ▼P高橋光→小川
    杉谷:四球、西川:四球→1・2塁、近藤:四球→満塁、姫野:遊併(+1点)、アルシア:死球→1・3塁、横尾:三ゴで試合終了。

    ☆試合概要☆
    今シーズンの札幌ドーム最終戦。
    初回、中村のタイムリーで先制。2回に逆転されるも、直後の3回に浅村のツーランですぐさま逆転。
    これで浅村はリーグトップのシーズン124打点目とし、2001年のカブレラ、2015年の中村剛也が持つ球団記録に並ぶ。
    4回には浅村の途中交代で3番に入った木村のスリーランでリードを広げ、4回までに7得点。
    8月15日以来の先発となった高橋光成は、序盤こそ制球を乱すも、中盤以降は自慢の直球で押し、ファイターズ打線を圧倒。
    結局8回を投げ142球、被安打4、7四球と荒れながら8奪三振2失点と好投。今季2勝目を挙げた。

    10月4日予告先発
    M:有吉優樹/L:伊藤翔

責任投手

  • 高橋光(2勝1敗)
  • 加藤(5勝8敗)

投手

日本ハム

加藤-トンキン-藤岡-堀

西武

高橋光-小川

本塁打

日本ハム

西武

浅村31号2ラン(3回)、木村3号3ラン(4回)

西武 スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1秋山翔吾55
2外崎修汰5
3浅村栄斗3
4山川穂高33
5中村剛也60
6森友哉10
7E.メヒア99
8金子侑司8
9源田壮亮6
 先発高橋光成17

日本ハム スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1杉谷拳士2
2西川遥輝7
3近藤健介8
4中田翔6
5O.アルシア4
6大田泰示33
7渡邉諒23
8清水優心10
9中島卓也9
 先発加藤貴之14

ライオンズナイター twitter

× 閉じる