HEADLINE

2018年10月2日(火) 札幌ドーム

日本ハム
試合終了
24回戦
18:00
西武
西武
日本ハム
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
0 0 2 0 0 0 1 0 0
1 0 0 0 0 0 0 1 0
R H E
3 7 0
2 10 1

スコアボードの得点をクリックすると、そのイニングのトピックスが表示されます。

  • 1回表

    優勝後初の試合となった前の試合は、投手戦となりましたが8、9回に山川と秋山にホームランが出て逆転勝利となり、好投の多和田に16勝目がつき最多勝利の体得にぐっと近づきました。
    この試合のライオンズの先発は11勝目を目指す榎田です。この試合も勝って2002年以来のシーズン貯金30以上を決めましょう!!

    秋山:中安、金子侑司:三邪飛、浅村:二ゴロ、山川:見三振で無得点。

    秋山が先頭で今季191安打目となるヒットを放ち2度目の200本安打まであと9本としました。

  • 2回表

    栗山:空三振、外崎:空三振、森:見三振で三者凡退。

    この回は三者連続三振に抑えられてしまいます。

  • 3回表

    炭谷:右安、源田:右線二塁打→無死2・3塁、秋山:左邪飛、金子侑司:中飛、浅村:右安(+2点)、山川:空三振で攻撃終了。

    先頭の炭谷のヒットと源田のツーベースでノーアウト2・3塁のチャンスを作ると、2アウトから浅村が2点タイムリー!!
    これで山川と並ぶ122打点となりました。
    そして、チームとしては68イニングぶりのタイムリーとなりました。

  • 4回表

    栗山:二ゴロ、外崎:遊ゴロ、森:中飛で三者凡退。

    この回は三者凡退に抑えられます。

  • 5回表

    炭谷:遊ゴロ、源田:空三振、秋山:投ゴロで三者凡退。

    2イニング連続で三者凡退に抑えられてしまいます。

  • 6回表

    金子侑司:遊ゴロ、山田:三ゴロ、山川:左安、栗山:二ゴロで無得点。

    この回は2アウトから山川がヒットで出塁しますが無得点。

  • 7回表

    外崎:二ゴロ、森:左安、炭谷:死球、源田:左飛、秋山:左安(+1点)と左失→二死1・3塁、金子侑司:遊ゴロ(1塁走者秋山盗塁成功)で攻撃終了。

    この回、秋山のタイムリーで追加点!!
    秋山は192安打としました。

  • 8回表

    ▼Pマルティネス→斎藤佑樹、PH杉谷→左
    山田:空三振、山川:四球、斉藤彰吾:一併打で無得点。

    この回山川がフォアボールで出塁しますが、結局三人で抑えられます。

  • 9回表

    ▼P斎藤佑樹→立田、PR太田→5、3中田→清宮
    外崎:右飛、森:遊飛、炭谷:空三振で三者凡退。

    この回はプロ初登板となったファイターズ・立田に対して、全員がフルカウントになりましたが三者凡退に抑えられてしまいます。

  • 1回裏

    松本:左本塁打(+1点)、西川:左安、大田:三ゴロ、中田:遊併打で攻撃終了。

    先発・榎田がいきなり松本に初球先頭打者ホームランを打たれます。

  • 2回裏

    アルシア:四球、横尾:空三振、渡邉:左安、石川亮:空三振、中島:投ゴロで無得点。

    先頭のアルシアをフォアボールで出塁させい渡邉にもヒットを打たれますが、この回2つの三振を奪うなど無失点に抑えます。

  • 3回裏

    ▼4浅村→5山田、5外崎→4
    松本:右安、西川:捕邪飛、大田:右安→一死1・3塁、中田:右飛、アルシア:(ダブルスチール失敗)

    この回も先頭を出塁させてしまいピンチを作ってしまいましたが、相手のダブルスチールをしっかり防ぐなど無失点。

  • 4回裏

    アルシア:右安、横尾:中飛、渡邉:二併打で無得点。

    この回も先頭を出塁させてしまいましたが、ダブルプレーで打ち取るなど三人で攻撃を終了させます。

  • 5回裏

    石川亮:左飛、中島:空三振、松本:二ゴロで三者凡退。

    この試合初めてイニングの先頭打者を打ち取り、この試合初めて三者凡退に抑えます。

  • 6回裏

    ▼7栗山→7斉藤彰吾
    西川:二ゴロ、大田:中越え二塁打、中田:四球→一死1・2塁、アルシア:左飛、横尾:死球、渡邉:投ゴロで無得点。

    満塁のピンチを背負ってしまいますが、何とか無失点に抑えます。

  • 7回裏

    石川亮:投ゴロ、中島:右安、▼松本→PH杉谷:投併打で無得点。

    この回もマウンドに上がった榎田は自らの好守でダブルプレーを取るなど、三人で抑えます。

  • 8回裏

    ▼P榎田→平井
    西川:中安、大田:中安(+1点)(1塁走者西川盗塁成功)、中田:三ゴロ→一死2塁
    ▼P平井→野田
    アルシア:中飛→二死3塁、横尾:四球→二死1・3塁→▼PR太田、渡邉:二ゴロで攻撃終了。

    この回から登板の平井が先頭・西川のヒットと盗塁でピンチを招くと、大田にタイムリーを打たれて1点差。
    しかし、続くピンチを途中から上がった野田がしっかり抑えます。

  • 9回裏

    ▼P野田→マーティン
    ▼石川亮→PH谷口:空三振、中島卓也:空三振、▼杉谷→PH近藤:空三振で試合終了。

    ☆試合概要☆
    初回ファイターズの松本にいきなり初級を先頭打者ホームランを浴びて始まったこの試合でしたが、3回に浅村のチーム68イニングぶりとなるタイムリーで逆転。
    さらに7回には秋山にもタイムリーが出て、最後はマーティンが来日初セーブ!!
    この試合も逆転勝利で両リーグ最多41度目の逆転勝利!!
    これで2002年以来16年ぶりのシーズン貯金30以上を確定させました。
    この試合で秋山は2安打で2度目のシーズン200本安打まであと8とし、浅村は2打点を挙げてリーグトップの山川に並びました。

    次の試合が今季ファイターズとは最終戦となります。CSでもあたる可能性のあるチームに必ず勝ってもらいましょう!!

    明日の予告先発投手
    F:加藤貴之/L:高橋光成

責任投手

  • 榎田(11勝4敗)
  • マーティン(2勝1敗1S)
  • マルティネス(10勝11敗)

投手

日本ハム

マルティネス-斎藤佑樹-立田

西武

榎田-平井-野田-マーティン

本塁打

日本ハム

松本1号ソロ(1回)

西武

西武 スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1秋山翔吾55
2金子侑司8
3浅村栄斗3
4山川穂高33
5栗山巧1
6外崎修汰5
7森友哉10
8炭谷銀仁朗27
9源田壮亮6
 先発榎田大樹30

日本ハム スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1松本剛12
2西川遥輝7
3大田泰示33
4中田翔6
5O.アルシア4
6横尾俊建58
7渡邉諒23
8石川亮68
9中島卓也9
 先発N.マルティネス27

ライオンズナイター twitter

× 閉じる