HEADLINE

2018年9月30日(日) 札幌ドーム

日本ハム
試合終了
22回戦
18:00
西武
西武
日本ハム
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
0 0 0 0 0 1 0 0 0
0 0 1 1 2 0 0 0 ×
R H E
1 8 1
4 8 0

スコアボードの得点をクリックすると、そのイニングのトピックスが表示されます。

  • 1回表

    本拠地で優勝を決められず、10年前の胴上げの地・札幌にやってきたライオンズナイン。先発・ウルフが古巣相手に登板します。打線も球団史上初の120打点コンビとなった浅村、山川を中心に10年ぶりの優勝へ!!

    秋山:左飛、源田:中安、浅村:(パスボールで1塁ランナー源田2塁進塁)四球、山川:二飛、栗山:空三振で無得点。

    1アウトから源田がヒットを放つなどでチャンスを作るも山川、栗山が倒れ無得点に抑えられます。

  • 2回表

    中村:三ゴロ、森:左飛、木村:二飛で三者凡退。

    中村からの攻撃でしたが、三者凡退に抑えられます。

  • 3回表

    金子侑司:中飛、秋山:中飛、源田:左飛で三者凡退。

    この回も三者凡退に抑えられます。

  • 4回表

    浅村:捕ゴロ、山川:左安、栗山:空三振、中村:空三振で無得点。

    1アウトから山川がチーム初回以来のヒットを打つも、後続が抑えられます。

  • 5回表

    森:右線二塁打、木村:右飛→一死三塁、金子侑司:二ゴロ、秋山:空三振で無得点。

    この回先頭の森がチーム初長打で出塁し、木村のフライで三塁に進塁するも得点を奪えず。

  • 6回表

    ▼P杉浦→井口、7近藤→7浅間
    源田:二安、浅村:四球→無死1・2塁、山川:遊ゴロ→一死1・3塁、栗山:中犠飛(+1点)、中村:右飛で攻撃終了。

    代わった井口から先頭の源田と浅村が出塁すると栗山が犠牲フライを打ち、まずは1点を返します。ここから反撃です。

  • 7回表

    ▼P井口→堀
    森:空三振、木村:右安、金子侑司:空三振
    ▼P堀→石井裕也
    秋山:左飛で無得点。

    2アウト2塁からファイターズは今シーズン限りでの引退を発表した石井裕也がマウンドに上がり、高校の後輩である秋山との対決となりレフトフライとなりました。

  • 8回表

    ▼P石井裕也→浦野
    源田:左飛、浅村:右安、山川:左安、栗山:遊飛、中村:空三振で無得点。

    この回1アウトから連打でチャンスを作るも栗山、中村が凡退で得点を奪えず。

  • 9回表

    ▼P浦野→石川直也、PH谷口→4太田
    森:右飛、木村:中飛、金子侑司:右安、秋山:遊飛で試合終了。

    ライオンズは負けてしまいましたが、福岡ヤフオクドームでソフトバンクが敗れたため、ライオンズの10年ぶり22度目のパリーグ優勝を10年前と同じ札幌ドームで迎えました!!
    本拠地が埼玉・所沢に移転してからは40年目でなんと17度目のパリーグ優勝!!
    開幕から1度も首位の座を譲らずに優勝をするのはなんとプロ野球史上5度目でパリーグでは56年ぶり!!

    勝利しての優勝はなりませんでしたが、これは10年前・日本一になったときと同じシチュエーション。期待せずにいられません。
    次は勝って胴上げをするための戦いが、10/17からメットライフドームで始まります。
    あと2度、胴上げを見るためにこれからも"無敵の青炎"を送り続けましょう!!


    明日の予告先発投手
    F:上沢直之/L:多和田真三郎

  • 1回裏

    西川:見三振、大田:空三振、近藤:左安、中田:遊ゴロで無得点。

    立ち上がりウルフは8球で2つの三振を奪うなど無失点で抑えます。

  • 2回裏

    横尾:投ゴロ、清宮:左安、渡邉:二併打で無得点。

    先頭の横尾のボテボテの当たりをウルフ自らベアハンドキャッチでアウトにすると、ヒットを打たれますが、渡邉をダブルプレーに抑え三人で抑えます。

  • 3回裏

    鶴岡:四球、中島卓也:捕犠打、西川:中飛、大田:四球、近藤:三安+三失(送球エラー)(+1点)→二死1・3塁、中田:空三振で攻撃終了。

    先頭をフォアボールで出塁させてしまい、送りバントでこの試合初めて得点圏にランナーを背負ってしまうと、サード・中村の悪送球で1点の先制を許してしまいます。

  • 4回裏

    横尾:左安、清宮:左安→無死1・2塁、渡邉:三安(バントヒット)→無死満塁、鶴岡:二併打(+1点)→二死3塁、中島卓也:二ゴロで攻撃終了。

    先頭からいきなり連打でピンチを作ると、渡邉の送りバントが内野安打となってしまい、ピンチ拡大。なんとかダブルプレーの1点のみに抑えます。

  • 5回裏

    西川:左安、大田:左線二塁打(+1点)、近藤:見三振、中田:四球→一死1・2塁、横尾:四球→一死満塁
    ▼Pウルフ→野田
    清宮:二ゴロ(+1点)→二死1・3塁
    ▼P野田→十亀
    渡邉:(ダブルスチール失敗)で攻撃終了。

    先頭バッターからの連打で1点を失うと二つのフォアボールで満塁となったところで先発・ウルフはマウンドを降ります。2番手の野田が清宮のセカンドゴロをセカンドゴロに抑えますが、ダブルプレーを取れず1点を失います。そして、3番手の十亀が2年ぶりの救援登板となりました。

  • 6回裏

    渡邉:空三振、鶴岡:右飛、中島:空三振で三者凡退。

    1アウトからのライトフライを木村が好プレー!!
    この回三者凡退に抑えます。

  • 7回裏

    西川:右飛、大田:遊ゴロ、浅間:四球、中田:三飛で無得点。

    回をまたいだ十亀がこの回も無失点で抑えます。

  • 8回裏

    ▼P十亀→伊藤
    横尾:一ゴロ、清宮:中飛、▼渡邉→PH谷口:一ゴロで三者凡退。

    この回から登板の伊藤が三者凡退に抑えます。
    優勝は決まりましたが、勝って胴上げを目指してまずは同点です。

責任投手

  • 杉浦(2勝0敗)
  • 石川直也(1勝2敗17S)
  • ウルフ(4勝4敗)

投手

日本ハム

杉浦-井口-堀-石井裕也-浦野-石川直也

西武

ウルフ-野田-十亀-伊藤

本塁打

日本ハム

西武

西武 スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1秋山翔吾55
2源田壮亮6
3浅村栄斗3
4山川穂高33
5栗山巧1
6中村剛也60
7森友哉10
8木村文紀9
9金子侑司8
 先発ウルフ54

日本ハム スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1西川遥輝7
2大田泰示33
3近藤健介8
4中田翔6
5横尾俊建58
6清宮幸太郎21
7渡邉諒23
8鶴岡慎也22
9中島卓也9
 先発杉浦稔大57

ライオンズナイター twitter

× 閉じる