HEADLINE

2018年9月21日(金) ZOZOマリンスタジアム

ロッテ
試合終了
23回戦
18:16
西武
  • 解説:松沼博久/実況:高橋将市
西武
ロッテ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
3 2 0 1 0 1 0 0 0
3 0 0 0 0 1 0 0 0
R H E
7 10 0
4 7 1

スコアボードの得点をクリックすると、そのイニングのトピックスが表示されます。

  • 1回表

    現在6連勝中、10年ぶりの歓喜へマジックを9としている我らがライオンズ。
    開幕以来の7連勝をかけたマウンドに上がるのはエース・菊池雄星。
    対するマリーンズの先発はレオキラー・石川歩。
    難敵攻略へ、浜風を切り裂くアーチは出るか?

    秋山:中安、源田:死球→1・2塁、浅村:一ゴ→1・3塁、山川:左越安(+1点)→1・2塁、栗山:見三振、中村剛也:左越二塁打(+2点)→2塁、森:四球→1・2塁、炭谷:中飛で攻撃終了。

    浜風を切り裂くアーチは出なかったものの、浜風を味方につけた山川のタイムリーで先制!中村剛也も続いて幸先良く3点を先制!

  • 2回表

    金子侑司:四球、秋山:右安→1・3塁、源田:右中間二塁打(+1点)、中継間にセカンド中村の悪送球で秋山生還(+1点)→2塁、浅村:投ゴ、山川:遊ゴ、栗山:空三振で攻撃終了。

    取られたら取り返すのが今年のレオの流儀!俊足トリオで2点を勝ち越し!
    なお、イニング終了後に再びグラウンド整備が行われています。

  • 3回表

    中村剛也:中飛、森:二ゴ、炭谷:三ゴで攻撃終了。

    こちらも三者凡退に終わり無得点。

  • 4回表

    金子侑司:中安、秋山:空三振、金子侑司は盗塁成功→2塁、源田:二ゴ→3塁、浅村:左安(+1点)、山川:空三振で攻撃終了。

    待望の追加点は浅村のタイムリーヒット。リードを3点に広げました。

  • 5回表

    栗山:遊ゴ、中村剛也:右飛、森:見三振で攻撃終了。

    三者凡退に終わり無得点。

  • 6回表

    ▼P石川→大谷
    炭谷:右飛、金子侑司:投ゴ、秋山:右越本塁打(+1点)、源田:投ゴで攻撃終了。

    2アウトから秋山に打った瞬間それと分かる豪快な一撃が飛び出しました!秋山はこれで3安打猛打賞!

  • 7回表

    ▼P大谷→東條
    浅村:中飛、山川:四球、栗山:二併で攻撃終了。

    エンドランで動いた野手の所に打球が飛ぶ不運もあり三人で攻撃終了。

  • 8回表

    中村剛也:空三振、森:四球、炭谷:空三振、金子侑司:一ゴで攻撃終了。

    この回もランナーこそ出塁したものの無得点。

  • 9回表

    ▼P東條→松永
    秋山:右中間三塁打、源田:四球→1・3塁
    ▼P松永→内
    浅村:三ゴ→1・2塁、山川:一邪飛、木村:遊安→満塁、中村剛也:一飛で攻撃終了。

    満塁のチャンスを作るも無得点。なお、ライオンズは木村のヒットで7試合連続の2桁安打を記録しています。

  • 1回裏

    平沢:四球、三木の打席で平沢盗塁成功→2塁、三木:死球→1・2塁、中村:空三振、井上:右三塁打(+2点)、角中:二ゴ(+1点)、清田:右飛で攻撃終了。

    菊池雄星が雨でぬかるんだマウンドに苦しみ初回3失点の乱調で試合は振り出しに。井上の強烈なライナー性の打球をライト金子が直接捕球を試みるも後逸するなど不運も重なりました。イニング終了後にはマウンドに土が入れられるなど、グラウンド整備が行われています。

  • 2回裏

    鈴木大地:左飛、福浦:空三振、田村:空三振で攻撃終了。

    二者連続で三球三振を奪うなど僅か9球で三者凡退!

  • 3回裏

    平沢:見三振、三木:空三振、中村:遊ゴで攻撃終了。

    2イニング連続の三者凡退で無失点。

  • 4回裏

    井上:空三振、角中:空三振、清田:三ゴで攻撃終了。

    3イニング連続の三者凡退で無失点。菊池はこのイニングで史上357人目の1000投球回を達成!おめでとうございます。

  • 5回裏

    鈴木大地:右安、福浦:一併、田村:左飛で攻撃終了。

    初回以来のヒットを許したものの、結果的には三人で抑えてこの回も無失点。試合が成立したことで菊池雄星には1000投球回達成の花束が贈られました。

  • 6回裏

    平沢:見三振、三木:右飛、中村:中越二塁打、井上:右二塁打(+1点)、角中:四球→1・2塁、清田:右安→満塁、鈴木大地:二ゴで攻撃終了。

    初回と同じようなライナーでライトを襲った井上の打球は、初回と同じように金子侑司のグラブに触れることなくライトフェンスへ到達。1点を返され、なお満塁のピンチを背負ったものの、最後は鈴木大地を打ち取ってリードを守り切りました。

  • 7回裏

    福浦:左安、田村:空三振、平沢:一併で攻撃終了。

    福浦、ついに2000本安打にリーチ!通算1999安打目となるヒットはレフト前への華麗な流し打ち。

  • 8回裏

    ▼P菊池→平井
    ▼三木→PH高濱:左安、中村:右飛、井上:中飛、角中:左飛で攻撃終了。

    先頭打者の出塁を許すもその後は一塁に釘付けにして無失点。

  • 9回裏

    ▼P平井→ヒース
    清田:見三振、鈴木大地:右飛、福浦:空三振で試合終了。


    ★粕谷紘世アナの超私的ゲームレビュー!★
    霧雨とはいえグランドはぬかるんでいて
    本当に試合できるのかなぁ…
    怪我してしまうのではないだろうか…と
    心配になってしまいましたが
    無事試合は行われ、見事ライオンズが勝利!

    昨日試合が中止になり、今日はこのコンディション。
    それでも勢いは止まらず、7連勝!本当に素晴らしいです。
    選手のみなさんが風邪をひきませんように・・・

    そして今日のヒーロー秋山選手は4安打の活躍。
    今シーズン180安打目となり、残り12試合ですが
    3年ぶり200安打まであと20本です!

    残りの試合も全力で、大好きなライオンズを応援します!


    ☆試合概要☆
    -雨ニモ負ケズ、風ニモ負ケズ-
    霧雨が舞うZOZOマリンスタジアムを舞台に始まった今夜の一戦。
    雨でぬかるんだマウンドが両先発投手を苦しめ、初回から点の奪い合いになる波乱の幕開けとなりました。
    ライオンズは2回表に源田のタイムリーなどで勝ち越しに成功すると、4回にも浅村のタイムリーヒットで追加点を奪い、主導権を握ります。
    先発の菊池は初回こそマウンドを気にする仕草が目立ちましたが、2回以降は持ち前の修正能力の高さを存分に発揮。2回から4回までを3イニング連続で三者凡退、なんと打者9人から6奪三振とマリーンズ打線を寄せ付けません。
    最終的に菊池は7回110球、9つの三振を奪って降板。8回以降は平井-ヒースと繋いでリードを守り切りました。
    開幕以来、今シーズン2度目の7連勝で優勝マジックを1つ減らして「8」としたライオンズ。
    最短優勝日、9/27(メットライフドーム)は変わらず。10年ぶりの歓喜へ、本拠地胴上げへ、西武特急は止まらない!

    明日の予告先発投手
    M:二木康太/L:今井達也

責任投手

  • 菊池(13勝4敗)
  • ヒース(3勝1敗9S)
  • 石川(9勝6敗)

投手

ロッテ

石川-大谷-東條-松永-内

西武

菊池-平井-ヒース

本塁打

ロッテ

西武

秋山21号ソロ(6回)

西武 スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1秋山翔吾55
2源田壮亮6
3浅村栄斗3
4山川穂高33
5栗山巧1
6中村剛也60
7森友哉10
8炭谷銀仁朗27
9金子侑司8
 先発菊池雄星16

ロッテ スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1平沢大河13
2三木亮37
3中村奨吾8
4井上晴哉44
5角中勝也3
6清田育宏1
7鈴木大地7
8福浦和也9
9田村龍弘22
 先発石川歩12

ライオンズナイター twitter

× 閉じる