HEADLINE

2018年9月7日(金) メットライフドーム

西武
試合終了
20回戦
18:01
ロッテ
  • 解説:東尾修/実況:飯塚治
ロッテ
西武
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
0 1 1 0 2 0 0 0 0
0 1 0 0 0 3 1 5 X
R H E
4 7 0
10 16 0

スコアボードの得点をクリックすると、そのイニングのトピックスが表示されます。

  • 1回表

    中村奨:遊ゴロ、平沢:見三振、角中:空三振で三者凡退。

    菊池、注目の立ち上がり、マリーンズ打線を三者凡退に封じる!

  • 2回表

    井上:中安、鈴木:右飛、清田:(菊池の暴投→2塁)左安(+1点)、三木:右安→1・2塁、田村:遊併殺で攻撃終了。

    菊池、清田に先制のタイムリーヒットを許し、1点を失う。

  • 3回表

    岡:右二塁打→2塁、中村奨:右飛→3塁、平沢:左犠飛(+1点)、角中:左安、井上:四球→1・2塁、鈴木:二ゴロで攻撃終了。

    この回、菊池、平沢に犠牲フライを浴び、再度勝ち越しを許す。

  • 4回表

    清田:四球、三木:遊ゴロ→1塁、田村:遊併殺で無得点。

    菊池、清田に四球を許した時に左わき腹へのアクシデントで一時、治療でベンチへ下がりました。
    しかしその後、マウンドに戻り、後続を抑えました!

  • 5回表

    岡:四球、中村奨:右飛、平沢:右本塁打(+2点)、角中:空三振、井上:遊ゴロで攻撃終了。

    菊池、平沢に2ランホームランを浴びて、2点を失う。
    平沢はプロ最多タイの1試合3打点。

  • 6回表

    鈴木:遊飛、清田:空三振、三木:二ゴロで三者凡退。

    菊池、マリーンズ打線を初回以来の三者凡退に抑える。
    6回裏、ライオンズ打線の援護に期待しましょう!

  • 7回表

    ▼PHメヒア→2岡田
    田村:右邪飛、岡:空三振、中村奨:空三振で三者凡退。

    菊池、2イニング連続の三者凡退に抑える!

  • 8回表

    ▼P菊池→野田
    平沢:空三振、角中:中飛
    ▼P野田→平井
    井上:左安▼井上→PR藤岡
    鈴木:中飛で無得点。

    先発・菊池の後を受けた2番手・野田、3番手・平井が役目を果たし、マリーンズ打線を無得点に抑える!

  • 9回表

    ▼P平井→増田、PR斉藤彰→9、9金子侑→7
    ▼清田→PH加藤:空三振、▼三木→PH根元:投ゴロ、▼田村→PH福浦:遊ゴロで三者凡退で試合終了。

    ★粕谷紘世アナの超私的ゲームレビュー!★
    19日ぶりのメットライフドームでの試合。

    菊池投手の脇腹痛にヒヤッとし
    5回まではマリーンズのペースで
    どうなってしまうのかと思いましたが・・・
    やはり後半に魅せてくれますね!

    6回メヒア選手の同点タリムリー(感動!涙)
    7回キャプテン・浅村選手の勝ち越しタイムリー
    8回のビッグイニング、本当に気持ちよかったです。

    源田選手、山川選手、金子侑司選手は猛打賞!
    他にも書ききれないほど素晴らしいプレーがたくさんありました。
    (栗山選手のホームラン、源田選手のグローブの網の差(!)での盗塁成功などなど・・・)

    逆転のライオンズ、70勝到達です。
    このカード3連勝を期待しています!

    ☆試合概要☆
    先発の菊池は、7回、打者28人、107球、被安打6、奪三振6、四球3、4失点という苦しい投球内容でしたが、
    打線の援護もあり、11勝目をあげました。
    打線は3点ビハインドの6回に、山川タイムリー、代打メヒアの2点タイムリーで同点に追いつくと、続く7回には主将・浅村のタイムリーで勝ち越しに成功しました。
    8回にも打線の勢いはとどまらず、打者一巡、5点を奪う猛攻を見せてくれました。

    9月8日 予告先発
    L:十亀剣/M:M.ボルシンガー

  • 1回裏

    秋山:左飛、源田:投ゴロ、浅村:投安、山川:中飛で無得点。

    2アウトから浅村が内野安打で出塁するも、得点ならず。

  • 2回裏

    中村剛:三ゴロ、森:空三振、栗山:右中本塁打(+1点)、炭谷:遊ゴロで攻撃終了。

    ライオンズ、ベテラン・栗山の貴重な同点の第6号ソロホームランが飛び出しました!

  • 3回裏

    金子侑:左安、秋山:(金子侑が盗塁成功→2塁)中飛→2塁、源田:中安(2塁走者の金子侑が本塁アウト、源田が送球間に2塁進塁)→2塁、浅村:(暴投で源田が進塁→3塁)四球→1・3塁、山川:空三振で無得点。

    ライオンズ打線、チャンスをつくるも無得点に終わりました。

  • 4回裏

    中村剛:左飛、森:一ゴロ、栗山:空三振で三者凡退。

    ライオンズ、この試合初の三者凡退に封じ込められます。

  • 5回裏

    炭谷:中飛、金子侑:遊ゴロ、秋山:左飛で三者凡退。

    2イニング連続の三者凡退。なかなか二木を攻略できません。

  • 6回裏

    源田:右安、浅村:(源田が盗塁成功→2塁)二ゴロ→3塁、山川:左安(+1点)、中村剛:中安→1・2塁
    ▼P二木→唐川
    森:四球→満塁、栗山:三直▼炭谷→PHメヒア:中安(+2点)森が走塁死で攻撃終了。

    山川のタイムリーヒットと、代打・メヒアの2点タイムリーヒットで同点に追いつきました!

  • 7回裏

    ▼P唐川→松永
    金子侑:左二塁打→2塁、秋山:見三振、源田:遊直、浅村:左安(+1点)、山川:左安→1・2塁、中村剛:空三振で攻撃終了。

    ライオンズ、主将・浅村のタイムリーヒットで勝ち越しました!

  • 8回裏

    ▼P松永→岩下、PR藤岡→6、6三木→3
    森:四球、栗山:右安→1・2塁▼栗山→PR斉藤彰、岡田:(岩下の暴投→2・3塁)右犠飛(+1点)、金子侑:右安(+1点)、秋山:四球→1・2塁
    ▼P岩下→高野
    源田:右安(+1点)→1・3塁、浅村:右犠飛(+1点)、山川:左安→1・2塁、中村剛:左安(+1点)→1・2塁、森:空三振で攻撃終了。

    この回、打者一巡の猛攻で一挙5得点!

責任投手

  • 菊池(11勝4敗)
  • 松永(2勝3敗)

投手

西武

菊池-野田‐平井‐増田

ロッテ

二木-唐川-松永-岩下‐高野

本塁打

西武

栗山6号ソロ(2回)

ロッテ

平沢3号2ラン(5回)

ロッテ スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1中村奨吾8
2平沢大河13
3角中勝也3
4井上晴哉44
5鈴木大地7
6清田育宏1
7三木亮37
8田村龍弘22
9岡大海39
 先発二木康太64

西武 スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1秋山翔吾55
2源田壮亮6
3浅村栄斗3
4山川穂高33
5中村剛也60
6森友哉10
7栗山巧1
8炭谷銀仁朗27
9金子侑司8
 先発菊池雄星16

ライオンズナイター twitter

× 閉じる