HEADLINE

2018年7月10日(火) メットライフドーム

西武
試合終了
14回戦
18:01
ロッテ
  • 解説:山崎裕之/実況:槙嶋範彦
ロッテ
西武
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
0 1 3 0 0 0 0 3 0
0 0 1 0 0 3 0 1 0
R H E
7 10 0
5 9 1

スコアボードの得点をクリックすると、そのイニングのトピックスが表示されます。

  • 1回表

    前の試合は5点差を逆転し、7月に入ってから負けなしの5連勝を決めた好調・ライオンズ
    この試合の先発・十亀は最近3試合では全試合7イニング以上投げています。
    今日もナイスピッチングでチームを開幕以来の6連勝へ!

    藤岡裕大:左飛、平沢:一ゴロ、中村:左越え二塁打、井上:見三振で無得点。

    十亀は2アウトからツーベースを打たれますが、4番井上から三振を奪います。

  • 2回表

    角中:四球、福浦:右安→無死1・3塁、鈴木:遊併殺打(+1点)、田村:中飛で攻撃終了。

    ノーアウトから2者連続でランナーを出すと先制を許してしまいます。

  • 3回表

    加藤:左安、藤岡裕大:投安→無死1・2塁、平沢:投犠打→一死2・3塁、井上:右犠飛(+1点)→二死2・3塁、角中:右安(+2点)(1・2塁間に挟まれ、タッチアウト)で攻撃終了。

    先頭から2者連続ヒットを打たれると、井上に犠牲フライを打たれ、さらに角中には2点タイムリーヒットを打たれます。

  • 4回表

    福浦:右安、鈴木:四球→無死1・2塁、田村:見三振、加藤:一直(1塁ランナー戻れず、ダブルプレー)で無得点。

    先頭から2者連続で出塁を許すも最後は運よくファースト正面のライナーでダブルプレー!!

  • 5回表

    藤岡裕大:二ゴロ、平沢:遊飛、中村:三ゴロで三者凡退。

    この試合初めての三者凡退に抑えます。

  • 6回表

    ▼P十亀→ウルフ
    井上:三ゴロ、角中:一ゴロ、福浦:左飛で三者凡退。

    移籍後初めての中継ぎ当番となったウルフは4番からの攻撃を三者凡退に抑えます。

  • 7回表

    鈴木:左安、田村:投犠打、加藤:二ゴロ→二死3塁、藤岡裕大:二直で無得点。

    先頭にヒットを許し、ピンチを招きますがウルフがきちんと抑えます。

  • 8回表

    ▼PR斉藤彰吾→7、7栗山→2炭谷
    平沢:四球→PR岡田、中村:中安→無死1・2塁、井上:(2つの暴投で無死2・3塁)→無死満塁
    ▼Pウルフ→野田
    角中:投ゴロ(キャッチャー炭谷悪送球(+1点))→一死2・3塁
    ▼P野田→平井
    ▼福浦→PHドミンゲス→PH菅野:右安(+1点)→一死1・3塁、鈴木:空三振、田村:右安(+1点)→二死1・2塁、加藤:一ゴロで攻撃終了。

    ウルフがノーアウト満塁にすると、ホームゲッツーかと思われた打球を炭谷が悪送球。
    代わった平井が2本タイムリーを打たれ、3点差になります。

  • 9回表

    ▼P平井→松本
    藤岡裕大:中飛、岡田:中飛、中村:空三振で三者凡退。

    代わった松本が三者凡退で流れを作ります。

  • 1回裏

    秋山:空三振、源田:二ゴロ、浅村:空三振で三者凡退。

    好調なマリーンズ先発・石川から2つの三振を含む、三者凡退に抑えられます。

  • 2回裏

    山川:空三振、森:左飛、外崎:中安、栗山:二ゴロで無得点。

    2アウトから外崎がチーム初ヒットを放ちます。

  • 3回裏

    中村:左越え本塁打(+1点)、岡田:空三振、秋山:中前二塁打、源田:一ゴロ→二死3塁、浅村:遊ゴロで攻撃終了。

    この回先頭の中村がホームランを放ち、1点を返します!!

  • 4回裏

    山川:左飛、森:三邪飛、外崎:空三振で三者凡退。

    山川の大きなあたりがありましたが、レフトフライ
    結局三者凡退に抑えられます。

  • 5回裏

    栗山:二ゴロ、中村:遊安、岡田:二併殺打で無得点。

    1アウトから中村がショート強襲の内野安打で出塁しますが結局3人で攻撃が終わります。

  • 6回裏

    秋山:右飛、源田:左越え本塁打(+1点)、浅村:中安、山川:中越え本塁打(+2点)、外崎:投飛で攻撃終了。

    源田が1アウトの初球を逆方向に今季初となるホームラン!
    さらに浅村がヒットの後、山川が同点ホームラン!
    山川は昨年に並ぶ自身最多タイの23号、この試合3本目のホームランとなりました。

  • 7回裏

    栗山:一飛、中村:空三振、岡田:四球→PR斉藤彰吾、秋山:中安
    ▼P石川→松永
    源田:一ゴロで無得点。

    この回は無得点に終わりましたが、2アウトから岡田のフォアボールと秋山のヒットでマリーンズ先発・石川をマウンドから降ろします。

  • 8回裏

    ▼P松永→益田、PR岡田→8岡田、7角中→7清田、5鈴木→5三木、8加藤→9
    浅村:左越え本塁打(+1点)、山川:見三振、森:見三振、外崎:遊ゴロで攻撃終了。

    キャプテン浅村の一発で反撃開始!!

  • 9回裏

    ▼P益田→内
    メヒア:見三振、中村:空三振、斉藤彰吾:二ゴロで試合終了。

    ★長麻未の超私的ゲームレビュー!★
    今日はメットライフドームに4本の花火が上がりました!
    4本のホームランのうち、私個人としては源田選手のホームランが嬉しかったです。
    今日で入団から220試合連続フルイニング出場で長嶋茂雄さんの記録に並ぶ節目の日の1発!
    その後、金子侑司選手とハグしていたという寺島アナの情報を聞き、思わずニヤニヤしてしまいました。
    明日、221試合連続となって記録が更新されることを楽しみに待っています。


    ☆試合概要☆
    3回表につけられた4点差を3回中村、6回には源田と山川のホームランが出て一時同点とします。
    しかし、8回表にウルフが満塁とするとキャッチャー炭谷のエラーで勝ち越しを許します。
    そのあとも平井が2本のタイムリーを浴び3点差をつけられてしまいます。
    その裏には浅村の一発で1点を返しましたが、結局2点差で敗戦となってしまいました。
    次の試合が前半最終戦となります。必ず勝ってオールスターを迎えましょう。

    7月11日
    L:榎田大樹/M:有吉優樹

責任投手

  • 松永(1勝1敗)
  • 内(1勝3敗21S)
  • ウルフ(2勝2敗)

投手

西武

十亀、ウルフ、野田、平井、松本

ロッテ

石川、松永、益田、内

本塁打

西武

中村 5号ソロ(3回)、源田 1号ソロ(6回)、山川 23号2ラン(6回)、浅村 17号ソロ(7回)

ロッテ

ロッテ スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1藤岡裕大4
2平沢大河13
3中村奨吾8
4井上晴哉44
5角中勝也3
6福浦和也9
7鈴木大地7
8田村龍弘22
9加藤翔平10
 先発石川歩12

西武 スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1秋山翔吾55
2源田壮亮6
3浅村栄斗3
4山川穂高33
5森友哉10
6外崎修汰5
7栗山巧1
8中村剛也60
9岡田雅利37
 先発十亀剣21

ライオンズナイター twitter

× 閉じる