HEADLINE

2018年6月30日(土) メットライフドーム

西武
試合終了
11回戦
14:00
楽天
  • 実況:高橋将市/ゲスト:鳥越規央
楽天
西武
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
0 3 0 0 1 2 3 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0 1
R H E
9 12 0
1 5 1

スコアボードの得点をクリックすると、そのイニングのトピックスが表示されます。

  • 1回表

    田中:一ゴロ、茂木:投ゴロ、島内:四球、今江:三ゴロで無得点。

    今井と元西武・岸との背番号「11」対決!
    その今井の立ち上がり、島内をフォアボールで出塁許すも、無得点に抑えた。

  • 2回表

    銀次:二直、アマダー:左安、藤田:中安→一死1・2塁、ペゲーロ:左本塁打(+3点)、嶋:右飛、田中:空三振で攻撃終了。

    ライオンズ先発・今井は、アマダー、藤田に連打を浴びてこの試合はじめて得点圏にランナーを背負うと、続くペゲーロに一発を浴びて先制を許した。

  • 3回表

    茂木:一失→二塁へ、島内:四球→無死1・2塁、今江:三直、銀次:投ゴロ→二死1・3塁、アマダー:一邪飛で無得点。

    前の回3点を失った今井は、味方のエラーをきっかけにスコアリングポジションンにランナーを背負うも、なんとか無失点で切り抜けた。

  • 4回表

    藤田:二ゴロ、ペゲーロ:三邪飛、嶋:空三振で三者凡退。

    粘りのピッチングを続けている今井は、前の打席に一発を浴びているペゲーロをわずか1球で打ち取るなど、この試合初めて三者凡退抑えた。

  • 5回表

    田中:空三振、茂木:中飛、島内:中本塁打(+1点)、今江:右飛で攻撃終了。

    前の回三者凡退に打ち取り、立ち直りの気配を見せていた今井だったが、島内に2試合連続となる一発を打たれてリードを広げられた。

  • 6回表

    銀次:四球、アマダー:左中二塁打(+1点)→▼PR枡田、藤田:二ゴロ→一死3塁
    ▼P今井→野田
    ペゲーロ:一ゴロ、嶋:中安(+1点)、田中:空三振で攻撃終了。

    今井はアマダーに適時二塁打を放たれてさらに点差を離され、代わった野田も踏ん張ることができなかった。

  • 7回表

    ▼P野田→大石
    茂木:空三振、島内:死球、今江:左二塁打(+1点)→▼PR三好、銀次:中安、枡田:中犠飛(+1点)、藤田:中安→二死1・3塁
    ▼P大石→佐野
    ペゲーロ:中安(+1点)→▼PR島井→二死1・2塁、嶋:中安→二死満塁、▼田中→PH岡島:左飛で攻撃終了。

    この回から代わった大石、佐野が楽天打線につかまり、さらに2点を奪われてリードを9点に広げられた。

  • 8回表

    ▼7栗山→斉藤彰吾
    茂木:遊ゴロ、島内:四球、三好:二併殺打で無得点。

    この回続投の佐野はランナーを出すものの、結果的には3人で攻撃を終了した。

  • 9回表

    ▼5外崎→9、7斉藤→9、5中村剛也→7金子
    銀次:一ゴロ、枡田:死球、山崎:中安→一死1・2塁、島井→二併殺打で無得点。

    この回も続投の佐野は、ランナー出塁を許すも得点を与えることはなかった。

  • 1回裏

    秋山:一ゴロ、源田:空三振、浅村:二ゴロで三者凡退。

    以前共に戦った戦友である岸を攻めたいライオンズだったが、わずか7球で三者凡退に抑えられてしまった。

  • 2回裏

    山川:中飛、森友哉:見三振、外崎:空三振で三者凡退。

    先制点を献上してしまったライオンズは4番の山川からの攻撃だったが、岸の前にこの回も三者凡退に終わった。

  • 3回裏

    栗山:左飛、中村剛也:三飛、メヒア:四球、秋山:二ゴロで無得点。

    ここまで一人のランナーも出塁することができていないライオンズは、メヒアがフォアボールで出塁するも無得点に終わった。

  • 4回裏

    源田:左中二塁打、浅村:空三振、山川:二直(セカンドランナー戻りきれずタッチアウト)で無得点。

    今井の粘投に応えて援護点を奪いたいライオンズ打線は、イニングの先頭バッター・源田がチーム初ヒットを放つも、結果的には3人で攻撃を終了した。

  • 5回裏

    森友哉:四球、外崎:空三振、栗山:右飛、中村剛也:遊ゴロで無得点。

    岸を攻めあぐねているライオンズ打線は、イニングの先頭バッター・森友哉が出塁するも、後続が倒れてこの回も無得点に終わった。

  • 6回裏

    メヒア:空三振、秋山:左安、源田:中飛、浅村:左安→二死1・3塁、山川:空三振で無得点。

    秋山に6試合連続となるヒットがうまれて得点圏にランナーを進めるも、この回も無得点に終わった。

  • 7回裏

    ▼PH岡島→9、PR三好→5、PR島井→8
    森友哉:一ゴロ、外崎:空三振、栗山:三ゴロで三者凡退。

    反撃の意地を見せたいライオンズだったが、この回は岸の前に2回以来の三者凡退に抑えられた。

  • 8回裏

    ▼P岸→青山、4藤田→山崎
    中村剛也:二直、メヒア:空三振、秋山:二直で三者凡退。

    ライオンズは代わった青山の前に、出塁することができずにわずか9球で抑えられた。

  • 9回裏

    ▼P青山→宋
    源田:四球(浅村の打席に2塁へ)、浅村:中安(+1点)→▼PR岡田、山川:中飛、森友哉:中安→一死1・3塁(斉藤の打席に2塁へ)、外崎:中飛、斉藤:空三振で試合終了。

    ☆試合概要☆
    新旧ライオンズの背番号「11」対決。ライオンズは今井、イーグルスは岸の両先発ではじまったこの試合。
    しかし、ペースは完全に楽天。自慢の打線も岸の前になかなか出塁することができず、この試合で楽天から奪った得点は1点のみ。投げても先発・今井が2本の本塁打を打たれて6失点。リリーフ陣もピリッとせず、二桁失点は免れたものの大差で敗れてしまいました。

    7月1日 予告先発
    L:榎田大樹/E:美馬学

責任投手

  • 岸(8勝1敗)
  • 今井(1勝2敗)

投手

西武

今井-野田-大石-佐野

楽天

岸-青山-宋

本塁打

西武

楽天

ペゲーロ16号3ラン(2回)、島内3号ソロ(5回)

楽天 スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1田中和基25
2茂木栄五郎5
3島内宏明35
4今江年晶8
5銀次33
6J.アマダー49
7藤田一也6
8C.ペゲーロ54
9嶋基宏37
 先発岸孝之11

西武 スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1秋山翔吾55
2源田壮亮6
3浅村栄斗3
4山川穂高33
5森友哉10
6外崎修汰5
7栗山巧1
8中村剛也60
9E.メヒア99
 先発今井達也11

ライオンズナイター twitter

× 閉じる