HEADLINE

2018年6月29日(金) メットライフドーム

西武
試合終了
10回戦
18:01
楽天
  • 解説:松沼博久/実況:飯塚治
楽天
西武
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
1 0 0 5 0 1 0 5 3
0 0 0 0 0 0 1 0 0
R H E
15 21 0
1 3 0

スコアボードの得点をクリックすると、そのイニングのトピックスが表示されます。

  • 1回表

    田中:中安、田中二盗、茂木:中飛→一死3塁、島内:左犠飛(+1点)、今江:右二塁打、銀次:二飛で攻撃終了。

    L先発・菊池はE島内に犠飛を打たれてしまい、ライオンズは4試合連続先制点を奪われてしまいました。

  • 2回表

    アマダー:空三振、藤田:遊ゴロ、ペゲーロ:二ゴロで三者凡退。

    菊池はこの回楽天打線をきっちり三者凡退に抑えました。

  • 3回表

    嶋:空三振、田中:空三振、茂木:一安、茂木二盗、島内:四球、今江:空三振で無得点。

    二死から1・2塁のピンチを招くも、今江を空三振に抑えました。

  • 4回表

    銀次:中安、アマダー:三飛、藤田:中安→一死1・3塁、嶋:右越二塁打(+2点)、田中:左本塁打(+2点)、茂木:左二塁打、島内:左安(+1点)、今江:空振り三振で攻撃終了。

    この回、菊池は楽天打線に捕まり、まさかの大量失点を許してしまいました。

  • 5回表

    銀次:中安、銀次二盗、アマダー:見三振、藤田:左飛、ペゲーロ:空三振で無得点。

    菊池はこの回も得点圏に走者を置くも、無得点で切り抜けました。

  • 6回表

    ▼P菊池→小石
    嶋:四球、田中:右飛、茂木:中前、島内:一ゴロ→二死2・3塁、小石暴投(+1点)→二死3塁、今江:四球→2死1・3塁、銀次:左飛で攻撃終了。

    この回から小石が登板。しかし。自らの暴投で1点を失いました。

  • 7回表

    ▼P小石→南川 PH→2森
    アマダー:左安、藤田:右安打、アマダーは3塁向かうもタッチアウト、藤田は送球間に2塁へ。森捕逸→1死3塁、ペゲーロ:空三振、嶋:四球、田中:空三振で無得点。

    この回は3番手・南川がなんとかピンチを切り抜けました。

  • 8回表

    三好:見三振、島内:右本(+1点)、▼今江→PH渡辺直、銀次:右二塁打→一死2・3塁、アマダー→右越二塁打(+2点)、藤田:四球→一死1・2塁、▼藤田→PR山崎、岡島:右適時打(+1点)→一死1・2塁、森捕逸→一死2・3塁、嶋→一ゴロ(+1点)、田中:空三振で攻撃終了。

    続投した南川が楽天打線に捕まり、大量得点を許しました。

  • 9回表

    ▼P南川→松本、PH→5松井、5中村→7斉藤彰
    三好:中安、島内:四球、▼島内→PR島井、渡辺直:右二塁打(+2点)、銀次:中飛、アマダー:左適時打(+1点)、山崎:左飛、岡島:二ゴロで攻撃終了。

    4番手・松本も楽天打線の勢いを止められず、3失点。14点差となってしまいました。

  • 1回裏

    秋山:二ゴロ、源田:三ゴロ、浅村:二ゴロで三者凡退。

    E先発の塩見に三者凡退に抑えられました。

  • 2回裏

    山川:三邪飛、外崎:二飛、メヒア:空三振で三者凡退。

    初回に続き、この回も塩見に三者凡退に抑えられました。

  • 3回裏

    中村:空三振、炭谷:投ゴロ、金子侑:三ゴロで三者凡退。

    塩見の前にこの回も三者凡退に抑えられました。

  • 4回裏

    秋山:遊ゴロ、源田:見三振、浅村:空三振で三者凡退。

    4回まで塩見の前に一人もランナーを出すことができませんでした。

  • 5回裏

    山川:一邪飛、外崎:二飛、メヒア:死球、中村:遊ゴロで無得点。

    この回メヒアが死球で初めてランナーを出すも、無得点に終わりました。

  • 6回裏

    ▼6茂木→三好
    ▼炭谷→PH森:一飛、金子侑:投直、秋山:中安、源田:空三振で無得点。

    塩見の同級生の秋山がチーム初安打を放ちノーヒットノーランを防ぐも、無得点に終わりました。

  • 7回裏

    ▼9ペゲーロ→岡島
    浅村:二飛、山川:三直、外崎:右本(+1点)、メヒア:左飛で攻撃終了。

    この回外崎が2年連続の2桁本塁打となる10号ソロで1点を返しました。

  • 8回裏

    ▼P塩見→高梨、PH→5渡辺直、PR→4山崎
    中村:空三振、森:中飛、▼金子侑→松井:右飛で三者凡退。

    代打で松井が登場するも、三者凡退に終わりました。

  • 9回裏

    ▼P高梨→西宮、嶋→2足立、PR→7島井
    秋山:中安、源田:遊ゴロ→一死1塁、浅村:右邪飛、山川:空三振で試合終了。

    ★粕谷紘世の超私的ゲームレビュー!★
    楽天戦13連勝中のエース菊池投手の登板試合だっただけにショックが大きいですが…長いシーズンこんな日もありますよね。
    「昨日、打ちすぎてしまったんだ」と思うことにします。
    秋山選手のマルチヒット、外崎選手の本塁打を噛み締めて、明日に期待です!

    ☆試合概要☆
    西武・菊池、楽天・塩見が先発となったこの試合。
    菊池は初回犠飛で先制点を許すと、4回には嶋の適時二塁打、田中和基の5号2ランなどまさかの5失点と炎上。今季ワースト5回6失点でKOされる。
    追い付きたい打線は塩見に6回2死まで無安打投球を展開される苦しい展開となり、7回に外崎選手が2年連続2桁本塁打となる10号ソロで1点を返すのがやっと。
    救援陣も崩壊し、終わってみれば21被安打15失点となり1-15で大敗。菊池投手が今季初黒星を喫した。
    ライオンズの楽天戦の連勝は6で、菊池投手の楽天戦の連勝は13でストップとなった。

    6月30日 予告先発
    L:今井達也/E:岸孝之

責任投手

  • 塩見(1勝1敗)
  • 菊池(8勝1敗)

投手

西武

菊池、小石、南川、松本

楽天

塩見、高梨、西宮

本塁打

西武

外崎10号ソロ(7回)

楽天

田中5号2ラン(4回)、島内2号ソロ(8回)

楽天 スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1田中和基25
2茂木栄五郎5
3島内宏明35
4今江年晶8
5銀次33
6J.アマダー49
7藤田一也6
8C.ペゲーロ54
9嶋基宏37
 先発塩見貴洋17

西武 スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1秋山翔吾55
2源田壮亮6
3浅村栄斗3
4山川穂高33
5外崎修汰5
6E.メヒア99
7中村剛也60
8炭谷銀仁朗27
9金子侑司8
 先発菊池雄星16

ライオンズナイター twitter

× 閉じる