HEADLINE

2018年6月8日(金) 東京ドーム

巨人
試合終了
1回戦
18:00
西武
  • 解説:東尾修/実況:飯塚治
西武
巨人
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
1 0 2 1 1 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 2 2
R H E
5 12 0
2 8 1

スコアボードの得点をクリックすると、そのイニングのトピックスが表示されます。

  • 1回表

    横浜スタジアム2試合で7本のホームランを放ち、連勝をしたライオンズ。
    この試合の先発投手はライオンズ・菊池、ジャイアンツ・菅野という日本球界を代表する左右のエース同士の投げ合いとなりました。
    昨年の菅野との対戦では、投手陣が5点を奪われたものの菅野から5点を奪い同点とし、最終的には勝利を収めているライオンズ
    この試合でも好調ライオンズ打線が必ず菅野を攻略してくれるはず!!
    一方、ライオンズ先発の菊池は先週のタイガース戦での復帰登板で見事なピッチングを魅せてくれました。この試合でも好投を期待しましょう!!

    秋山:左中間本塁打(+1点)、源田:右飛、浅村:二ゴロ、山川:空三振で攻撃終了。

    菅野を苦手としていた秋山が菅野の最初のストライクを捉え先頭打者ホームラン!!
    今季3本目の先頭打者ホームランになりました。

  • 2回表

    栗山:空三振、外崎:三安、炭谷:二併殺打で無得点。

    1アウトから外崎が内野安打で出塁するも、炭谷がダブルプレーで無得点に終わります。

  • 3回表

    金子侑司:遊安、菊池:三ゴロ(犠打失敗)、秋山:一ゴロ→二死2塁、源田:中安→二死1・3塁、浅村:右安(+1点)→二死1・2塁、山川:左安(+1点)→二死1・2塁、栗山:空三振で攻撃終了。

    先頭の金子侑司が追い込まれてから内野安打で出塁すると、2アウトから源田ヒットのあと浅村、山川が連続タイムリーヒット!!
    この回2点を追加します。

  • 4回表

    外崎:一飛、炭谷:右安、金子侑司:三失→一死1・2塁、菊池:捕邪飛(犠打失敗)、秋山:右線二塁打(+1点)→二死2・3塁、源田:中飛で攻撃終了。

    秋山がこの試合2打点目となるタイムリーツーベースを放ち、リードを4点に広げました!!

  • 5回表

    浅村:空三振、山川:中飛、栗山:右線二塁打、外崎:四球→二死1・2塁、炭谷:中安(+1点)(一塁走者の外崎はタッチアウト)で攻撃終了。

    この回炭谷がタイムリーヒット!!菅野から5点奪って、攻略します。ライオンズはこれで3試合連続2桁安打となりました。

  • 6回表

    ▼P菅野→池田
    金子侑司:中飛、菊池:見三振、秋山:三安、源田:投ゴロで無得点。

    秋山が猛打賞となる内野安打を放つも無得点に終わりました。

  • 7回表

    ▼P池田→谷岡
    浅村:三飛、山川:二飛、栗山:空三振で三者凡退。

    代わった3番手・谷岡にこの試合初めて三者凡退に抑えられます。

  • 8回表

    ▼5マギー→P田原、P谷岡→5田中俊太
    外崎:空三振、炭谷:三ゴロ、金子侑司:二ゴロで三者凡退。

    4番手・田原からこの試合2度目の三者凡退に抑えられます。

  • 9回表

    ▼P田原→上原
    ▼ワグナー→PH森:右前安打、秋山:二ゴロ→一死1塁、源田:空三振、浅村:空三振で無得点。

    5番手・上原から代打・森がヒットを放つも、無得点に終わります。

  • 1回裏

    坂本勇人:右邪飛、吉川尚輝:左安、ゲレーロ:空三振、岡本:四球(1塁ランナー吉川尚輝盗塁成功)、陽:遊ゴロで無得点。

    立ち上がりの菊池はランナーを2人出すも無失点に抑えます。

  • 2回裏

    マギー:四球、長野:右飛、小林:四球→一死1・2塁、菅野:一犠打→二死2・3塁、坂本勇人:中飛で無得点。

    先頭のマギーをフォアボールで出塁させた後ランナーを2人ためるも、無失点で抑えます。

  • 3回裏

    吉川尚輝:左直、ゲレーロ:二ゴロ、岡本:中安、陽:一邪飛で無得点。

    3点の援護をもらった菊池はランナーを出したものの無失点で抑えます。

  • 4回裏

    マギー:遊ゴロ、長野:補邪飛、小林:空三振で三者凡退。

    菊池が両チーム通じて、初めて三者凡退で抑えます。

  • 5回裏

    ▼菅野→PH中井:右飛、坂本勇人:遊ゴロ、吉川尚輝:三ゴロで三者凡退。

    5点のリードをもらった菊池は4回に続いて三者凡退に抑えます。

  • 6回裏

    ゲレーロ:中飛、岡本:遊ゴロ、陽:三ゴロで三者凡退。

    菊池はわずか9球で三者凡退に抑えます。

  • 7回裏

    ▼7栗山→9斉藤彰吾、9金子侑司→7
    マギー:遊ゴロ、長野:空三振、小林:一邪飛で三者凡退。

    菊池は4イニング連続で巨人打線を三者凡退に抑えます。

  • 8回裏

    ▼P菊池→ワグナー
    田中俊太:空三振、坂本勇人:右安、吉川尚輝:右中本(+2点)、ゲレーロ:右飛、岡本:四球、陽:左前安→二死1・2塁、▼田原→PH阿部:左飛。

    2番手・ワグナーが吉川尚輝にホームランを浴び、リードは3点に縮まりました。

  • 9回裏

    ▼Pワグナー→増田
    長野:三安、▼小林→PH亀井:右線二塁打→無死2・3塁、田中俊太:二ゴロ(+1点)→一死3塁、坂本勇人:遊ゴロ(+1点)、吉川尚輝:一失、ゲレーロ:左前二塁打→二死2・3塁、岡本:見三振で試合終了。

    ★粕谷紘世の超私的ゲームレビュー!★
    日本中が注目した球界を代表するエース対決!!
    先発の菊池投手は、どんどんギアを上げ、4回以降パーフェクトピッチングをみせてくれました。
    それから、秋山選手はいきなりの先頭打者HRでまたまたチームを勢いづけてくれました。苦手としていた菅野投手から5年ぶりに打ったヒットがHR!すごい!
    ライオンズが誇るエースとトップバッターが活躍し、4連勝!
    このカードも、勝ちこしましょう!!

    ☆試合概要☆
    西武・菊池、巨人・菅野の球界を代表するエース対決となったこの試合。
    1回表に先頭の秋山が先頭打者ホームランを放ち、鮮やかに先制!
    さらに、3、4、5回と連続で得点をあげ、菅野を攻略します。
    投げては先発・菊池が7回無失点の好投!
    終盤1点差まで詰め寄られたものの、リードを守りきり、4連勝となりました!

    6月2日 予告先発
    G:田口麗斗/L:多和田真三郎

責任投手

  • 菊池(7勝0敗)
  • 増田(11S)
  • 菅野(6勝4敗)

投手

巨人

菅野、池田、谷岡、田原、上原

西武

菊池、ワグナー、増田

本塁打

巨人

吉川尚輝 2号2ラン(8回)

西武

秋山 10号ソロ(1回)

西武 スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1秋山翔吾55
2源田壮亮6
3浅村栄斗3
4山川穂高33
5栗山巧1
6外崎修汰5
7炭谷銀仁朗27
8金子侑司8
9菊池雄星16
 

巨人 スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1坂本勇人6
2吉川尚輝0
3A.ゲレーロ5
4岡本和真25
5陽岱鋼2
6C.マギー33
7長野久義7
8小林誠司22
9菅野智之19
 

ライオンズナイター twitter

× 閉じる