HEADLINE

2018年4月26日(木) 福岡ヤフオクドーム

ソフトバンク
試合終了
4回戦
18:00
西武
  • 解説:秋山幸二/実況:茅野正昌(RKB毎日放送)
西武
ソフトバンク
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
0 0 0 0 0 1 0 0 0
0 0 0 0 1 3 0 0 ×
R H E
1 3 0
4 6 0

スコアボードの得点をクリックすると、そのイニングのトピックスが表示されます。

  • 1回表

    秋山:見三振、源田:三ゴロ、浅村:遊ゴロで三者凡退。

    ホークス先発の今季好調・石川のテンポの速い投球に三者凡退に抑えられます。

  • 2回表

    山川:死球、森:一ゴロ、外崎:見三振(1塁ランナー森盗塁失敗)で無得点。

    この回先頭の山川がデッドボールで出塁するも、結局三人で攻撃終了。

  • 3回表

    栗山:四球、岡田:投犠打→1死2塁、金子侑司:二ゴロ→2死3塁、秋山:二ゴロで無得点。

    この回は先頭の栗山が出塁し、3塁まで進塁するも無得点で終わります。

  • 4回表

    源田:見三振、浅村:左安、山川:空三振(1塁ランナー浅村盗塁失敗)で無得点。

    この回浅村がチーム初安打を放つも三振ゲッツーで三人で攻撃が終わります。

  • 5回表

    森:遊飛、外崎:空三振、栗山:中飛で三者凡退。

    ホークス先発・石川の前に初回以来の三者凡退に抑えられます。

  • 6回表

    岡田:中飛、金子侑司:遊安、秋山:右線二塁打、源田:右犠飛(+1点)、浅村:三ゴロで攻撃終了。

    1アウトから金子侑司がボテボテのショートゴロを俊足を活かして内野安打にすると秋山がツーベースで2・3塁のチャンスをつくります。
    すると源田の浅いライトフライに3塁ランナー金子侑司がホームイン!!
    金子侑司の足でこの回同点!!

  • 7回表

    山川:三ゴロ、森:空三振、外崎:三ゴロで三者凡退。

    何とか反撃したいライオンズでしたが、三者凡退に終わります。

  • 8回表

    ▼PH川島→4
    栗山:見三振、岡田:遊ゴロ、金子侑司:三邪飛で三者凡退。

    2イニング連続で三者凡退に抑えられます。

  • 9回表

    ▼P石川→Pモイネロ、4川島→3、PR高田→4、2甲斐→2高谷
    秋山:左飛、源田:見三振
    ▼Pモイネロ→P森
    浅村:見三振で試合終了。

    この日は今季ワーストの3安打に抑えられてしまいました。
    ホークス先発の石川のテンポのいい投球の前に2人ランナーを出したイニングは点を取った6回のみ
    5試合連続9得点以上という日本タイ記録をつくった打線が沈黙してしまいました。
    ライオンズ先発・十亀は4回までは無失点で抑えていましたが、5回に甲斐にタイムリースリーベースを打たれ、同点に追いついてもらった直後の6回には苦手としている松田に3ランホームランを浴びてしまいました。

    1日おいてゴールデンウィーク9連戦に入ります。まずはメットライフドームに楽天を迎えての三連戦です。
    勝って再び勢いをつけましょう!!

  • 1回裏

    本多:中飛、城所:捕ゴロ、柳田:四球、内川:遊ゴロで無得点。

    この日先発の十亀の立ち上がりは2アウトから柳田へフォアボールを出すも無失点に抑えます。

  • 2回裏

    デスパイネ:遊ゴロ、松田:空三振、上林:三邪飛で三者凡退。

    苦手な松田相手に空振り三振を奪うなど三者凡退に抑えます。

  • 3回裏

    今宮:二ゴロ、甲斐:空三振、本多:中安、城所:二ゴロで無得点。

    2アウトからこの日両チーム初となるヒットを打たれるも、次の城所を内野ゴロに打ち取り無得点に抑えます。

  • 4回裏

    柳田:遊ゴロ、内川:中飛、デスパイネ:一ゴロで三者凡退。

    クリーンアップを迎えたこの回、十亀はわずか10球で抑えます。

  • 5回裏

    松田:投飛、上林:四球、今宮:右飛(1塁ランナー上林盗塁成功)→1死3塁、甲斐:右線三塁打(+1点)、本多:四球、城所:空三振(1塁ランナー本多盗塁成功)で攻撃終了。

    1アウトから上林にフォアボールを出すと、9番・甲斐にタイムリースリーベースを打たれ、1点を先制されます。

  • 6回裏

    柳田:右安、内川:右飛、デスパイネ:左安→1死1・3塁、松田:左越え本塁打(+3点)、上林:捕ゴロ、今宮:右飛で攻撃終了。

    この日初めて会の先頭バッターを出塁させると、1アウト1・3塁から松田にスリーランホームランを浴び、再びリードを許します。

  • 7回裏

    ▼P十亀→P武隈
    甲斐:三直、▼本多→PH川島:三ゴロ、城所:見三振で三者凡退。

    この回から登板の武隈が9番からの攻撃を三者凡退に抑えます。

  • 8回裏

    ▼P武隈→Pワグナー
    柳田:空三振、内川:中二塁打→▼PR高田、デスパイネ:遊直、松田:左飛で無得点。

    この回から登板のワグナーは、1アウトから内川にツーベースを打たれるも、クリーンアップからの攻撃を無失点で抑えます。

責任投手

  • 石川(3勝1敗)
  • 十亀(1勝3敗)

投手

ソフトバンク

石川-モイネロ-森

西武

十亀-武隈-ワグナー

本塁打

ソフトバンク

松田4号3ラン(6回)

西武

西武 スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1秋山翔吾55
2源田壮亮6
3浅村栄斗3
4山川穂高33
5森友哉10
6外崎修汰5
7栗山巧1
8岡田雅利37
9金子侑司8
 先発十亀剣21

ソフトバンク スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1本多雄一46
2城所龍磨23
3柳田悠岐9
4内川聖一1
5A.デスパイネ54
6松田宣浩3
7上林誠知51
8今宮健太2
9甲斐拓也62
 先発石川柊太29

ライオンズナイター twitter

× 閉じる