HEADLINE

2018年4月25日(水) 福岡ヤフオクドーム

ソフトバンク
試合終了
3回戦
18:00
西武
  • 解説:岸川勝也/実況:宮脇憲一(RKB毎日放送)
西武
ソフトバンク
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
0 0 6 0 0 6 0 0 0
0 0 1 0 0 3 0 0 2
R H E
12 10 2
6 8 0

スコアボードの得点をクリックすると、そのイニングのトピックスが表示されます。

  • 1回表

    秋山:遊ゴロ、源田:四球(山川の打席に盗塁成功→二死2塁)、浅村:一邪飛、山川:空三振で無得点。

    ホークス先発・バンデンハークの立ち上がりを攻めたいライオンズ打線は、源田がフォアボールで出塁するも、後続が倒れて得点を奪うことができなかった。

  • 2回表

    森友哉:中飛、外崎:空三振、栗山:中飛で三者凡退。

    先制点を奪いたいライオンズだったが、バンデンハークの好投、柳田の攻守に阻まれて三者凡退に終わった。

  • 3回表

    メヒア:遊安、金子:捕邪飛、秋山:四球→一死1・2塁、源田:遊ゴロ→二死1・3塁、浅村:四球→二死満塁、山川:右本塁打(+4点)、森友哉:右安、外崎:左本塁打(+2点)、栗山:空三振で攻撃終了。

    メヒアが激走を見せて内野安打で出塁し、秋山がフォアボールを選ぶなどしてチャンスをつくると、山川が逆方向に2年ぶり自身2本目の満塁弾、外崎にも一発がうまれてビッグイニングとした。

  • 4回表

    メヒア:中安、金子:四球→無死1・2塁、秋山:空三振、源田:中飛、浅村:二ゴロで無得点。

    メヒアがこの試合2本目のヒットを放って出塁、続く金子がフォアボールを選び、チャンスをつくるも無得点で攻撃終了。

  • 5回表

    山川:二ゴロ、森友哉:空三振、外崎:右飛で三者凡退。

    さらなる追加点を奪いたいライオンズだったが、バンデンハークの変化球がコースに決まり2回以来の三者凡退に終わった。

  • 6回表

    栗山:四球→▼PR木村、メヒア:四球→▼PR松井稼頭央→無死1・2塁、金子:左飛、秋山:左安、源田:左安(+1点)
    ▼Pバンデンハーク→岡本
    浅村:左安(+2点)、山川:左本塁打(+3)、森友哉:一ゴロ、外崎:空三振で攻撃終了。

    制球が定まらないバンデンハーク相手にランナーを貯めて満塁とし、源田がタイムリーヒットを放ってさらに点差を広げてバンデンハークをマウンドから引きずりおろした。代わった岡本からキャプテン・浅村がレフトにツーベースを放ってパリーグ新記録となる5試合連続9点以上を奪った。

  • 7回表

    ▼P岡本健→高橋礼、PH明石→2高谷、PH川島→4
    木村:死球→▼PR熊代、松井稼頭央:空三振、金子侑司:投ゴロ、秋山:四球→二死1・2塁、源田:空三振で無得点。

    この回頭から代わったルーキー・高橋礼の前にライオンズ打線は得点圏にランナーを進めるも、無得点に終わった。

  • 8回表

    ▼P高橋礼→田中正義、7グラシアル→城所
    浅村:見三振、山川:空三振、森友哉:三邪飛で三者凡退。

    この回の頭からマウンドに上がった田中正義に、ライオンズは5回以来の三者凡退に抑えられる。

  • 9回表

    ▼P田中正義→二保
    外崎:三ゴロ、熊代:見三振、松井稼頭央:右安、金子侑司:二ゴロで無得点。

    この回から代わった二保の前に松井稼頭央が久々のヒットを放つも、無得点に終わった。

  • 1回裏

    本多:左飛、上林:右飛、柳田:遊ゴロで三者凡退。

    今季4試合目の先発となったカスティーヨの立ち上がり、ホークスの上位打線を簡単に三者凡退に打ち取った。

  • 2回裏

    内川:左安、デスパイネ:一邪飛、グラシアル:二併殺打で無得点。

    カスティーヨはわずか9球でこのイニングを3人で攻撃を終わらせた。しかし、イニングの先頭バッター・内川がレフトの前にうまく運んで、2000本安打まであと9本とした。

  • 3回裏

    松田:中安、今宮:左安→無死1・2塁、甲斐:遊ゴロ→一死1・3塁、本多:左犠飛(+1点)、上林:空三振で攻撃終了。

    大きな先制点をもらったカスティーヨは、連打でランナーを貯めて本多に犠牲フライを打たれるも、最少失点で抑えた。

  • 4回裏

    柳田:四球(グラシアルの打席で盗塁成功→二死2塁)、内川:右飛、デスパイネ:遊飛、グラシアル:三ゴロで無得点。

    大きなリードを持ちながらもホークスのクリーンアップに相対してカスティーヨは、イニングの先頭バッター柳田をフォアボールで歩かせるも、無得点に抑えた。

  • 5回裏

    松田:四球、今宮:空三振、甲斐:四球、本多:左飛、上林:空三振で無得点。

    勝利投手の権利がかかるカスティーヨは、2イニング連続で先頭バッターをフォアボールで出塁を許すも、後続を打ち取って無失点に切り抜けた。

  • 6回裏

    ▼PR木村→9、9金子→7
    柳田:四球、内川:四球、デスパイネ:四球、グラシアル:空三振、松田:四球(+1点)、今宮:中安(+1点)
    ▼Pカスティーヨ→野田
    甲斐→▼PH明石:三ゴロ(+1点)、本多→▼PH川島:二ゴロで攻撃終了。

    ここまで粘りのピッチングを続けてきたカスティーヨが、3者連続でフォアボールを与えるなどして3点を取り返された。

  • 7回裏

    ▼P野田→榎田、PR熊代→9
    上林:右飛、柳田:右安、内川:空三振、デスパイネ:四球→二死1・2塁、グラシアル:見三振で無得点。

    代わった榎田が得点圏にランナーを背負うものの、内川、グラシアルを三振に打ち取るなどして無失点に切り抜けた。

  • 8回裏

    松田:二失、今宮:空三振、髙谷:見三振、川島:投ゴロで無得点。

    先ほどの回から続投の九州出身・榎田がこの回も無失点に抑えて、最終回に繋げた。

  • 9回裏

    ▼P榎田→伊藤翔
    上林:一安+一失→無死2塁、柳田:中安(+1点)、内川:左飛、デスパイネ:遊ゴロ、城所:中二塁打(+1点)、松田:右飛で試合終了。

    昨季ライオンズが大の苦手としていた福岡でのソフトバンク戦。しかし、今年のライオンズには関係ありませんでした!
    先発はライオンズはカスティーヨ、ホークスはバンデンハークの両外国人ピッチャー。両者とも四球が絡んでピンチをつくってしまいますが、先に点を奪ったのはライオンズでした!ランナーを貯めて満塁とした後に4番の山川が逆方向に一発を放ち、これが3試合連続、2年ぶり自身2本目の満塁弾となりました。その後も森が出塁して外崎にも一発が飛び出して一挙6点を奪いゲームを決定づけます。それでも油断の許さないホークス相手に、6回、浅村タイムリーヒット、そして山川にこの日2本目となる3ランホームランが生まれ、合計12得点。ホークスを圧倒しました。
    リーグ優勝、そして日本一へと着々と歩みを進めている埼玉西武ライオンズ。この調子で貯金を膨らませていきましょう!

責任投手

  • カスティーヨ(2勝1敗)
  • バンデンハーク(2勝2敗)

投手

ソフトバンク

バンデンハーク-岡本健-高橋-田中-二保

西武

カスティーヨ-野田-榎田-伊藤

本塁打

ソフトバンク

西武

山川8号満塁(3回)、外崎3号2ラン(3回)、山川9号3ラン(6回)

西武 スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1秋山翔吾55
2源田壮亮6
3浅村栄斗3
4山川穂高33
5森友哉10
6外崎修汰5
7栗山巧1
8E.メヒア99
9金子侑司8
 先発F.カスティーヨ47

ソフトバンク スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1本多雄一46
2上林誠知51
3柳田悠岐9
4内川聖一1
5A.デスパイネ54
6Y.グラシアル27
7松田宣浩3
8今宮健太2
9甲斐拓也62
 先発R.バンデンハーク44

ライオンズナイター twitter

× 閉じる