HEADLINE

2018年4月18日(水) メットライフドーム

西武
試合終了
5回戦
18:00
日本ハム
  • 解説:山崎裕之/ゲスト:石毛宏典/実況:槙嶋範彦
日本ハム
西武
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
0 0 0 0 1 0 4 3 0
0 0 0 0 0 0 0 7
R H E
8 9 0
11 0

スコアボードの得点をクリックすると、そのイニングのトピックスが表示されます。

  • 1回表

    球団初の東京ドーム主催試合では、コツコツと得点を奪われ結果的には大差で敗れてしまいました。
    しかし、メットライフドームではいまだに無敗のライオンズ!!
    ここで連敗を止めて、もう一度勢いをつけましょう!!

    西川:右飛、近藤:左飛、レアード:空三振で三者凡退。

    先発カスティーヨが三者凡退で抑えます。

  • 2回表

    中田:右安、アルシア:空三振、大田:四球、田中賢介:右飛、清水:見三振で無得点。

    この回先頭の中田を不運なヒットで出塁を許すと、1・2塁のピンチをつくったものの無失点で抑えます。

  • 3回表

    石井一成:中飛、西川:四球、近藤:投併打で無得点。

    1アウトからフォアボールを許すも、近藤をダブルプレーに打ち取り3人で抑えます。

  • 4回表

    レアード:二飛、中田:空三振、アルシア:右安、大田:遊ゴロで無得点。

  • 5回表

    田中賢介:四球、清水:投犠打、石井一成:遊ゴロ、西川:右中間三塁打(+1点)、近藤:見三振で攻撃終了。

    この回ノーアウトからランナーを出すと、西川に先制タイムリースリーベースを打たれ先制を許します。

  • 6回表

    レアード:三ゴロ、中田:二邪飛、アルシア:四球、大田:四球、田中賢介:三直で無得点。

    2アウトから2連続フォアボールでピンチをつくるも無失点でしのぎます。

  • 7回表

    ▼Pカスティーヨ→P武隈
    清水:左安、石井一成:二邪飛、西川:右線三塁打(+1点)、近藤:四球
    ▼P武隈→P平井
    レアード:一飛、中田:右線本塁打(+3点)、アルシア:一直で攻撃終了。

    しかし、西川に2打席連続でタイムリースリーベースを浴び、1点を失います。
    さらに中田に2試合連続のホームランを浴び、この回4点を失います。

  • 8回表

    ▼P平井→P中塚
    大田:四球、田中賢介:右越二塁打→PR中島、清水:空三振、石井一成:四球、西川:見三振、近藤:左線二塁打(+3点),レアード:投ゴロで攻撃終了。

    代わった中塚はツーベースと2つのフォアボールで満塁のピンチをつくると近藤に3点タイムリーツーベースで8点差に広げられます。

  • 9回表

    ▼P中塚ーPワグナー、PR木村→9、9外崎→5
    中田:右安、松本:投犠打、大田:四球、中島:空三振、清水:空三振で無得点。

    この回から登板のワグナーはピンチを招きながら無失点に抑えます。

  • 1回裏

    秋山:左飛、源田:左飛、浅村:見三振で三者凡退。

  • 2回裏

    山川:四球、森:二併打、外崎:見三振で無得点。

    この回先頭の山川が四球で出塁するも続く森がダブルプレー
    三人で攻撃が終わります。

  • 3回裏

    栗山:左飛、中村:空三振、金子侑司:三直で三者凡退。

  • 4回裏

    秋山:中安、源田:投犠打、浅村:右飛→3塁、山川:空三振で無得点。

    この回先頭の秋山がヒットを放つも無得点に抑えられます。

  • 5回裏

    森:中安、外崎:投ゴロ、栗山:四球、中村:空三振、金子侑司:二ゴロで無得点。

    この回は先頭が出塁するし、ランナーを2人ためるも無得点に抑えられます。

  • 6回裏

    秋山:一ゴロ、源田:二ゴロ、浅村:見三振で三者凡退。

    この回はファイターズ先発高梨に三者凡退に抑えられます。

  • 7回裏

    ▼7アルシア→9松本剛、9大田→7
    山川:三ゴロ、森:四球、外崎:中安、栗山:中飛、中村:空三振で無得点。

    1アウトから2人ランナーを出すも、栗山・中村が続けず

  • 8回裏

    ▼P高梨→P上原、PR中島→6、6石井一成→4
    金子侑司:左安、秋山:左安、源田:三ゴロ→1・3塁
    ▼P上原→P田中豊樹、PR中島→6、6石井一成→4
    浅村:四球→満塁、山川:四球(+1点)、森:四球(+1点)
    ▼P田中豊樹→Pトンキン
    外崎:左線二塁打(+2点)→2・3塁、栗山:左安(+2点)→2塁、中村:左安→1・3塁、金子侑司:二ゴロ(+1点)
    ▼Pトンキン→P宮西
    秋山:空三振で攻撃終了。

    金子侑司、秋山が連続ヒットでチャンスをつくると、代わったファイターズのピッチャー田中豊樹が3者連続フォアボールで2点を返します。
    すると、外崎、栗山の連続タイムリーで4点!!
    そして、金子侑司の内野ゴロの間に1点を追加し、1イニングで7点!!
    1点差とします。

  • 9回裏

    ▼P宮西→石川直也
    源田:左安、浅村:右安→1・3塁、山川:四球→満塁、森:二塁打(+2点)で試合終了。

    前の試合、ライオンズは復刻ユニフォームを身にまとって戦うも、ファイターズに敗れたライオンズ。しかし、この日は最大8点差をひっくり返しての劇的なサヨナラ勝利!最後は森友哉の2年ぶり自身2本目のサヨナラヒットが飛び出しました。
    ライオンズはワグナー、ファイターズは高梨の両先発で始まったこのゲーム。ライオンズ打線は好投を続ける高梨の前に攻めあぐねていましたが、終盤8回にファイターズのリリーフ陣を攻略し、一挙7得点。見るボールは見る、打つボールは打つと攻撃力のあるバッター陣が力を発揮しました。その次のイニング、今年新加入のワグナーがマウンドに上がり、得点圏にランナーを背負うも、ピンチを切り抜けて流れをつくりました。その裏、ライオンズは源田、浅村の連打の後、山川が四球で満塁とし、森友哉が外野の頭の遥か上を行く打球を放ち、2者生還。サヨナラ勝利となりました。
    ワグナーは来日初勝利!今後の試合に向けて流れを呼ぶ1勝となりました。

    今年は西武ライオンズ40周年、日本一に輝いてからは10年。止まることのない西武特急、この調子でリーグ優勝、日本一に輝いてもらいましょう!

責任投手

  • ワグナー(1勝)
  • 石川直也(1敗)

投手

西武

カスティーヨー武隈ー平井ー中塚-ワグナー

日本ハム

高梨ー上原ー田中豊樹ートンキンー宮西ー石川直也

本塁打

西武

日本ハム

中田5号3ラン(7回)

日本ハム スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1西川遥輝7
2近藤健介8
3B.レアード5
4中田翔6
5O.アルシア4
6大田泰示33
7田中賢介3
8清水優心10
9石井一成38
 先発高梨裕稔39

西武 スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1秋山翔吾55
2源田壮亮6
3浅村栄斗3
4山川穂高33
5森友哉10
6外崎修汰5
7栗山巧1
8中村剛也60
9金子侑司8
 先発F.カスティーヨ47

ライオンズナイター twitter

× 閉じる