HEADLINE

2018年4月6日(金)メットライフドーム

西武
試合終了
1回戦
18:01
オリックス
  • 解説:松沼博久/実況:飯塚治
オリックス
西武
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
0 0 0 0 1 0 0 0 0
0 0 0 1 1 0 1 2 ×
R H E
1 2 0
5 9 1

スコアボードの得点をクリックすると、そのイニングのトピックスが表示されます。

  • 1回表

    宗:三邪飛、大城:空三振、吉田:二ゴロで三者凡退。

    菊池は立ち上がり好調で、三者凡退で抑える。

  • 2回表

    ロメロ:右飛、小谷野:空三振、マレーロ:四球、T-岡田:空三振で無得点。

    2アウトから、マレーロに四球を与えるも後続絶ち、0に抑える。

  • 3回表

    伊藤:四球、安達:二ゴ併、宗:空三振で無得点。

  • 4回表

    大城:左飛、吉田正:二ゴロ、ロメロ:中飛で三者凡退。

    菊池は4回を投げて、いまだノーヒットピッチング!

  • 5回表

    小谷野:四球、マレーロ:左二塁打→2,3塁、T-岡田:二ゴロ(+1点)、伊藤:遊直、安達:右飛で攻撃終了。

    先頭打者に四球を与え、マレーロに二塁打を打たれると、T-岡田のセカンドゴロの間に1点をとられ、同点に追いつかれる。

  • 6回表

    宗:二失、大城:遊ゴロ→1死1塁、吉田:中飛、ロメロ:空三振で無得点。

  • 7回表

    小谷野:中安、マレーロ:右飛、T-岡田:一併殺で攻撃終了。

    外崎のファインプレーにより、この回も失点を与えない。

  • 8回表

    伊藤:遊ゴロ、安達:空三振、宗→PH伏見:遊ゴロで三者凡退。

  • 9回表

    ▼P菊池→増田
    大城:遊ゴロ、吉田正:遊飛、ロメロ:中飛で三者凡退。

    ライオンズは菊池が3四球を出しながらも、オリックス打線を8回まで2安打に抑える力投を見せました。
    打線も源田が5回に決勝打となる左適時三塁打を放ち、
    8回には山川がダメ押しの2ランホームランが飛び出すなど、
    9安打、5得点と菊池を大きく援護しました。
    これでライオンズは、1991年以来、27年ぶりとなる開幕から無傷の6連勝!

  • 1回裏

    秋山:二直、源田:遊ゴロ、浅村:右飛で三者凡退。

  • 2回裏

    山川:中飛、森:二ゴロ、中村:中安、外崎:遊ゴロで無得点。

  • 3回裏

    炭谷:中飛、金子侑:空三振、秋山:遊ゴロで三者凡退。

  • 4回裏

    源田:一ゴロ、浅村:右本塁打(+1点)、山川:四球、森:左安→1・2塁、中村:中飛、外崎:空三振で攻撃終了。

    キャプテン・浅村のソロホームランで、ライオンズ先制!

  • 5回裏

    炭谷:二ゴロ、金子侑:空三振、秋山:右安、源田:左三塁打(+1点)、浅村:三飛で攻撃終了。

    2アウトから、秋山が10球粘って出塁すると、続く源田がタイムリースリーベースで1点追加。勝ち越しに成功。

  • 6回裏

    山川:右飛、森:空三振、中村:三ゴロで三者凡退。

  • 7回裏

    外崎:右三塁打、炭谷:右安(+1点)、金子侑:三ギ→2塁、秋山:投ゴロ、源田:空三振
    ▼P西→黒木

    炭谷のタイムリーヒットで、ライオンズさらに1点を追加!

  • 8回裏

    ▼P黒木→近藤
    浅村:中二塁打、山川:左本塁打(+2点)、森:遊飛、中村:遊ゴロ、外崎:左飛

    四番山川、ダメ押しの2ランホームランで、ライオンズさらに2点を追加!

責任投手

  • 菊池(2勝)
  • 西(2敗)

投手

西武

菊池-増田

オリックス

西-黒木-近藤

本塁打

西武

浅村2号ソロ(4回)、山川3号2ラン(8回)

オリックス

オリックス スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1宗佑磨6
2大城滉二10
3吉田正尚34
4S.ロメロ9
5小谷野栄一31
6C.マレーロ12
7T-岡田55
8伊藤光22
9安達了一3
 西勇輝21

西武 スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1秋山翔吾55
2源田壮亮6
3浅村栄斗3
4山川穂高33
5森友哉10
6中村剛也60
7外崎修汰5
8炭谷銀仁朗27
9金子侑司8
 菊池雄星16

ライオンズナイター twitter

× 閉じる