HEADLINE

2018年4月4日(水)メットライフドーム

西武
試合終了
2回戦
14:02
ソフトバンク
ソフトバンク
西武
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
0 0 0 0 0 0 1 0 0
1 0 0 1 0 0 0 0 ×
R H E
1 6 1
2 6 0

スコアボードの得点をクリックすると、そのイニングのトピックスが表示されます。

  • 1回表

    メットライフ開幕戦は宿敵・ホークスとの今季最初の対戦は4回までパーフェクトに抑えられたものの中村のタイムリーで口火を切ると山川・外崎の富士大コンビにホームランが出て7点を奪いました。
    先発の十亀も2失点したものの3回以降は無失点で右のエースとして、ナイスピッチングでした。
    今日の先発は来日初登板となる新外国人のカスティーヨ、昨年王者のソフトバンクに連勝へ!!

    今宮:空三振、本多:左飛、柳田:見三振で三者凡退。

    立ち上がりのカスティーヨは動くストレートを武器に2つの三振を奪うなど三者凡退に抑えます。

  • 2回表

    内川:右飛、デスパイネ:遊ゴロ、中村晃:空三振で三者凡退。

    この回も三者凡退に抑えます。

  • 3回表

    松田:遊ゴロ、上林:中飛、甲斐:見三振で三者凡退。

    この回も三者凡退に抑え、先発のカスティーヨはホークス打線を1順目完璧に抑えます。

  • 4回表

    今宮:空三振、本多:左飛、柳田:二飛で三者凡退。

    この回も三者凡退に抑えます。

  • 5回表

    内川:三ゴロ、デスパイネ:遊ゴロ、中村晃:三ゴロで三者凡退。

    先発のカスティーヨは5回までわずか58球でパーフェクト!!

  • 6回表

    松田:三飛、上林:一安、甲斐:右安→1・2塁、今宮:四球、本多:遊併殺で無得点。

    1アウトから上林の打球を山川が好捕し一度はアウトになるも工藤監督のリクエストで内野安打となり、来日後初めてのランナーを許してしまい、その後ピンチを招きましたがダブルプレーでこのピンチを凌ぎます!!

  • 7回表

    柳田:四球、内川:中安→1・3塁、デスパイネ:左犠飛(+1点)、中村晃:右安、松田:右飛
    ▼Pカスティーヨ→P野田
    ▼上林→PH江川:空三振で攻撃終了。

    この日初めてイニングの先頭バッターに出塁を許すと、ピンチを招きデスパイネに犠牲フライを打たれ1点差に追いつかれます。
    しかし、続くピンチは代わった野田がしっかりと抑えます。

  • 8回表

    ▼P野田→P武隈
    甲斐:投ゴロ、今宮:四球、▼本多→PH川島:中安(1塁ランナー今宮が牽制死)、柳田:中安→1・3塁、内川:中飛で無得点。

    代わった武隈は2アウトから連打でピンチを招くも4番内川をセンターフライで抑え無失点に抑えます。

  • 9回表

    ▼P武隈→P増田
    デスパイネ:遊ゴロ、中村晃:空三振、松田:左飛で試合終了。

    カスティーヨとバンデンハークの両外国人先発で始まったこの試合はライオンズがいきなり先制をしました。フォアボールや盗塁でチャンスを作ると森がタイムリーヒット!!
    4回にはチーム2本目のヒットが森のソロホームランとなり2点差に広げますが、その後は相手投手の前に得点を奪えません。
    その中で光ったのが新外国人カスティーヨのピッチングでした。なんと、5回までパーフェクト!!6回に初ヒットを浴びると7回に失点したものの、6 2/3回をわずか1失点に凌ぎます。
    7回のピンチを野田がしっかり押さえると、8回は武隈がピンチを招きながら無失点に抑えます。最終回は守護神・増田が三者凡退に抑え、なんと2015年以来の開幕5連勝!!

    今年のライオンズは何かが違うということを感じるこの開幕5連勝!!
    10年ぶりの優勝に大きな期待が持てる開幕5連勝となりました。

    1日休養日を挟んで、金曜日からメットライフドームにオリックスを迎えての3連戦です。この勢いはとまらない!!

  • 1回裏

    秋山:四球、源田:空三振、浅村:一ゴロ、山川:四球(1塁ランナー浅村盗塁成功)、森:中安(+1点)→1・3塁、中村:(1塁ランナー森盗塁成功)、中村:左飛で攻撃終了。

    2アウトからキャプテン浅村が盗塁をするなどでチャンスを作り、来日初登板初先発のカスティーヨに女房役の森が援護をする先制タイムリー!!

  • 2回裏

    外崎:捕邪飛、メヒア:三ゴロ、金子侑司:四球、秋山:二ゴロ(1塁ランナー金子侑司盗塁成功)で無得点。

    この回は2アウトから得点圏にランナーを得点圏に送るも無得点に終わります。

  • 3回裏

    源田:遊ゴロ、浅村:見三振、山川:空三振で三者凡退。

    この日初めて三者凡退に抑えれらます。

  • 4回裏

    森:右越本塁打(+1点)、中村:三邪飛、外崎:遊ゴロ、メヒア:左飛で攻撃終了。

    前の下位三者凡退に抑えられたが、この回先頭の森がソロホームランで1点を追加!!

  • 5回裏

    金子侑司:投ゴロ、秋山:中安、源田:右飛、浅村:左飛で無得点。

    秋山にヒットが出るも無得点に終わります。

  • 6回裏

    山川:空三振、森:二安、中村:遊失→1・3塁、外崎:二併殺打で無得点。

    1アウトから森が内野安打で3安打猛打賞とし、チャンスを作ったもののホークスのファインプレーにより無得点に終わる。

  • 7回裏

    ▼Pバンデンハーク→P石川、PH江川→9
    メヒア:左飛、金子侑司:遊ゴロ、秋山:遊ゴロで三者凡退。

    この回は三者凡退に抑えられます。

  • 8回裏

    ▼PH川島→4
    源田:三邪飛、浅村:右中間二塁打、山川:遊安→1・2塁
    ▼P石川→P嘉弥真
    森:三飛
    ▼P嘉弥真→森、9江川→9福田
    中村:一邪飛で無得点。

    1アウトから浅村が開幕から5試合連続ヒットとなるツーベースを放ち、山川が続くいたものの後続が倒れ無得点に終わります。

責任投手

  • カスティーヨ(1勝0敗0S)
  • 増田(0勝0敗3S)
  • バンデンハーク(0勝1敗0S)

投手

西武

カスティーヨ、野田、武隈、増田

ソフトバンク

バンデンハーク、石川、嘉弥真、森

本塁打

西武

森1号ソロ(4回)

ソフトバンク

ソフトバンク スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1今宮健太2
2本多雄一46
3柳田悠岐9
4内川聖一1
5A.デスパイネ54
6中村晃7
7松田宣浩3
8上林誠知51
9甲斐拓也62
 先発R.バンデンハーク44

西武 スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1秋山翔吾55
2源田壮亮6
3浅村栄斗3
4山川穂高33
5森友哉10
6中村剛也60
7外崎修汰5
8E.メヒア99
9金子侑司8
 先発F.カスティーヨ47

ライオンズナイター twitter

× 閉じる