HEADLINE

2018年4月3日(火)メットライフドーム

西武
試合終了
1回戦
18:03
ソフトバンク
  • 解説:東尾修/実況:槙嶋範彦
ソフトバンク
西武
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
1 1 0 0 0 0 0 0 2
0 0 0 0 1 5 0 1 ×
R H E
4 7 0
7 7 1

スコアボードの得点をクリックすると、そのイニングのトピックスが表示されます。

  • 1回表

    開幕3連勝で勢いをつけ、西武はホームでの開幕を迎える。このまま、流れに乗って4連勝なるか。ソフトバンクに昨シーズン1勝2敗と苦戦した十亀のピッチングにも期待!
    今宮:死球、(今宮二盗)、本多:投ゴ(今宮三進)、柳田:犠飛(+1点)、内川:右飛

    十亀がデッドボールから先制を許す。

  • 2回表

    デスパイネ:遊ゴ、中村晃:遊ゴ、松田:左本(+1点)、上林:遊安、甲斐:左飛

    松田にソロホームランを浴び、1点を許す。

  • 3回表

    今宮:空三振、本多:中飛、柳田:四球、内川:中飛

    2アウトから、四球でランナーを出すもこの回は二塁を踏ませず、無失点で抑える。

  • 4回表

    デスパイネ:右飛、中村:中飛、松田:見三振

    この回、十亀はソフトバンク打線を相手に、初めて三者凡退で抑える。

  • 5回表

    上林:左飛、甲斐:右飛、今宮:四球、本多:中飛

    この回も2アウトから四球を出すも、攻めのピッチングで無失点で抑える。

  • 6回表

    柳田:一ゴ、内川:中安、デスパイネ:中安→1・2塁、中村晃:左飛、松田:一邪飛

    内川とデスパイネの連続ヒットでピンチを迎えるが、後続を抑えこの回も無失点で切り抜ける。

  • 7回表

    上林:見三振、甲斐:見三振、今宮:空三振で三者凡退。

    逆転直後、十亀が三者連続三振で打線の援護に応える。

  • 8回表

    ▼P十亀→野田
    ▼本多→PH川島:四球、柳田:左飛
    ▼P野田→平井
    内川:四球→1・2塁、デスパイネ:空三振、中村晃:二失→二死満塁、松田:二ゴロ

    浅村のエラーで満塁のピンチを迎えるも、続く松田をセカンドゴロに打ち取り無失点で抑える。

  • 9回表

    ▼P平井→高木勇、PR木村文→9、9外崎→4、4浅村→3
    上林:右安、甲斐→PH福田:右線二塁打→2・3塁、今宮:空三振、本多:遊ゴロ(+1点)、柳田:左線三塁打(+1点)
    ▼P高木勇→増田
    内川:左飛で試合終了。

    札幌での日本ハムとの開幕カードを3連勝で締めて迎えた本拠地開幕戦。
    序盤は松田のHRなどで5回終了時まで2-1と昨年の王者・ソフトバンクにリードを許す展開となる。
    転機となったのは6回。浅村のタイムリーで同点に追いつくと、山川と外崎にホームランが出て一気に6-2と4点のリードを広げ勝ち越しに成功!
    4連敗中と苦手にしていた天敵・東浜を攻略!
    9回には移籍後初登板の高木勇が2失点するものの、最後は守護神・増田がきっちり抑えて試合終了!
    昨年9勝16敗と苦杯をなめられた王者・ホークス相手に本拠地メットライフドームで快勝!2015年以来の開幕から無傷の4連勝で単独首位をキープしました!
    4日は新外国人・カスティーヨが来日初先発。
    たかが4試合、されど4試合。優勝を掴み取る為にも、春先の一試合がカギとなります。
    強く猛々しく躍動する若獅子戦士に熱いエールを贈りましょう!

  • 1回裏

    秋山:二ゴ、源田:二ゴ、浅村:三ゴ

    東浜の前に三者凡退に片付けられる。

  • 2回裏

    山川:三ゴ、森:空三振、中村:空三振

    この回も反撃の糸口を掴めず。

  • 3回裏

    外崎:三ゴ、メヒア:空三振、金子侑:遊ゴ

    序盤3イニング、東浜の前にパーフェクトに抑え込まれる。

  • 4回裏

    秋山:空三振、源田:中飛、浅村:見三振

    この回、秋山はライオンズナイターのオープニング曲で、打席に向かう。
    東浜の際どいコースのピッチングに、この回も三人に片付けられる。

  • 5回裏

    山川:右超三塁打、森:二ゴ、中村:中安(+1点)、外崎:空三振、メヒア:四球→1・2塁、金子侑:二ゴ

    先頭の山川がプロ初のスリーベースで出塁すると、中村のタイムリーで1点差とします!

  • 6回裏

    秋山:右安、源田:投ゴロ、浅村:左越二塁打(+1点)、山川:中本(+2点)、森:空三振、中村:四球、外崎:右本(+2点)、メヒア:二飛

    浅村のタイムリー二塁打で同点に追いついた後、山川の2ランホームランで勝ち越しに成功!さらに外崎にも一発が出てこの回リードを4点に広げる。

  • 7回裏

    金子侑:空三振、秋山:右飛、源田:三飛で三者凡退。

  • 8回裏

    ▼P東浜→加治屋、PH川島→4
    浅村:見三振、山川:四球、森:中飛、▼中村:左安→1・2塁,PR木村文、外崎:四球(加治屋暴投→+1点)、(外崎二盗→2・3塁)、メヒア:中飛

    加治屋のワイルドピッチ間に二塁ランナーの代走:木村文紀が一気にホームインし1点追加!

責任投手

  • 十亀(1勝0敗)
  • 増田(2S)
  • 東浜(0勝1敗)

投手

西武

十亀ー野田ー平井ー高木勇ー増田

ソフトバンク

東浜ー加治屋

本塁打

西武

山川2号2ラン(6回)、外崎1号2ラン(6回)

ソフトバンク

松田2号ソロ(2回)

ソフトバンク スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1今宮健太2
2本多雄一46
3柳田悠岐9
4内川聖一1
5A.デスパイネ54
6中村晃7
7松田宣浩3
8上林誠知51
9甲斐拓也62
 先発東浜巨16

西武 スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1秋山翔吾55
2源田壮亮6
3浅村栄斗3
4山川穂高33
5森友哉10
6中村剛也60
7外崎修汰5
8E.メヒア99
9金子侑司8
 先発十亀剣21

ライオンズナイター twitter

× 閉じる