HEADLINE

2018年4月1日(日) 札幌ドーム

日本ハム
試合終了
3回戦
14:00
西武
西武
日本ハム
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
0 0 0 0 3 0 0 0 1
0 0 0 0 0 0 0 1 0
R H E
4 9 0
1 9 1

スコアボードの得点をクリックすると、そのイニングのトピックスが表示されます。

  • 1回表

    2018年プロ野球開幕!
    10年ぶりの日本一を目指すライオンズの船出はド派手なものとなりました。
    開幕戦は3回に7連打含む一挙7得点で早々にファイタイーズ投手陣を粉砕すると、
    菊池雄星はワールドクラスの内容でマウンドに君臨、
    開幕戦4年連続勝利を飾れば、
    第2戦は1番秋山の先制&ダメ押し打、2番源田猛打賞、3番浅村4番山川HR、
    上位打線がしっかり仕事して7打点、
    開幕2連勝のライオンズは早くもパ・リーグ単独首位に立ちました!
    今年こそ本当に何かが違う、そんな予感に思わず気も急く春爛漫、
    これは決して、椿事ではない!

    秋山:遊ゴ 源田:一ゴ 浅村:中安 山川:空三振

  • 2回表

    中村:空三振 外崎:空三振 メヒア:空三振

  • 3回表

    炭谷:左2 金子侑:一犠打 秋山:右飛→三走・炭谷走塁死

    一死三塁のチャンスで秋山がライトフライ、しかしホーム突入を試みた炭谷は、ライト松本の好返球の前に本塁憤死!先制点とはなりませんでした。

  • 4回表

    源田:左飛 浅村:中安 山川:空三振 中村:捕ゴ

  • 5回表

    外崎:左安 メヒア:(外崎:二盗)空三振 炭谷:右飛(→外崎:三進) 金子侑:中安(+1点) 秋山:(金子侑:二盗)四球→1・2塁 源田:中安(+1点)→1・3塁 浅村:左安(+1点)→1・2塁 山川:空三振

    ここまで加藤を打ちあぐねてきたライオンズ打線が5回に爆発!金子侑司の今季初ヒットとなる先制タイムリーで均衡を破ると、さらに源田、浅村にもタイムリーが飛び出しこの回一挙3点を奪いました!

  • 6回表

    中村:四球 外崎:一ゴ
    ▼P加藤→西村
    メヒア:一邪飛 炭谷:四球→1・2塁 金子侑:一ゴロ

  • 7回表

    ▼P西村→宮西
    秋山:左飛 源田:空三振 浅村:死球 山川:投ゴロ

  • 8回表

    ▼P宮西→トンキン PH大田→6太田
    中村:遊飛 外崎:空三振 メヒア:左飛

  • 9回表

    ▼Pトンキン→石川直
    炭谷:中安 金子侑:一ゴ→遊失→二塁 秋山:一ゴロ→三塁 源田:中安(+1点) 浅村:一邪飛

    2点差に詰められた直後、再び突き放す源田のタイムリー!点差を3点に広げています!

  • 1回裏

    西川:遊安 近藤:一ゴ併 レアード:左安 中田:右飛

    ライオンズ先発のウルフは先頭の西川に出塁を許すも、恐い近藤を併殺打に打ち取る!グラウンドボーラー・ウルフは今年も健在!

  • 2回裏

    アルシア:右安 松本:二ゴ併 横尾:空三振

    この回も先頭の出塁を許しますが、松本を併殺打に打ち取り、2イニングで2併殺!!ウルフが持ち味を発揮しています!

  • 3回裏

    石井一:二ゴ 清水:中安 西川:中安→1・2塁 近藤:左飛 レアード:右飛

    この回は得点圏にランナーを背負うも、この回もウルフがゼロに抑えています!

  • 4回裏

    中田:三ゴ アルシア:左飛 松本:遊ゴロ

    ウルフがこの試合初めての三者凡退!

  • 5回裏

    横尾:中安 石井一:二ゴ 清水:三ゴロ(→二塁) 西川:遊飛

    ウルフは5回までファイターズをゼロに抑えています!

  • 6回裏

    近藤:中安 レアード:中飛 中田:中飛 アルシア:中安→1・3塁 松本:遊ゴロ

    ウルフがこの試合初めて三塁までランナーを進められますが、この回もファイターズをゼロに抑えました!

  • 7回裏

    ▼Pウルフ→武隈
    横尾:死球 ▼石井一→PH大田:空三振 清水:四球→1・2塁 西川:空三振 近藤:一ゴロ

    6回無失点で降板したウルフの後を受け、2番手・武隈が登板。ピンチを迎えるも、西川・近藤を打ち取ってこの回もゼロを重ねました!

  • 8回裏

    ▼P武隈→平井
    レアード:遊ゴ 中田:左本塁打(+1点) アルシア:捕邪飛 松本:中飛

  • 9回裏

    ▼P平井→増田
    横尾:一ゴ ▼太田→PH田中賢:右飛 ▼清水→PH矢野:四球(▼PR中島) 西川:三ゴロ

    ウルフと加藤の両先発で始まったこの試合、前半は締まった投手戦となりました。
    ウルフはランナーを再三背負いながらも、2回までに二つの併殺打、グラウンドボーラーぶりを遺憾なく発揮してのらりくらりとゼロを重ねていきます。
    均衡が破れたのは5回表、ここまで加藤を打ちあぐねてきたライオンズ打線が爆発!金子侑司の今季初ヒットとなる先制タイムリー!さらに源田、浅村にもタイムリーが飛び出しこの回一挙3点を奪いました!
    ウルフは6回無失点の好投、そこから武隈、平井とつないでファイターズの反撃を中田のソロホームラン1点に抑えると、最後はクローザー増田が締めてゲームセット!
    ライオンズは3年ぶりの開幕カード3連勝!パ・リーグで唯一、全勝を堅持しています!
    西武ライオンズ40周年のメモリアルイヤーに、10年ぶりの日本一へ向けて、失われた10年を取り戻すような快進撃が始まりました。
    この強さは、フェイクではない!

責任投手

  • ウルフ(1勝)
  • 増田(1S)
  • 加藤(1敗)

投手

日本ハム

加藤、西村、宮西、トンキン、石川直

西武

ウルフ、武隈、平井、増田

本塁打

日本ハム

中田1号ソロ(8回)

西武

西武 スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1秋山翔吾55
2源田壮亮6
3浅村栄斗3
4山川穂高33
5中村剛也60
6外崎修汰5
7E.メヒア99
8炭谷銀仁朗27
9金子侑司8
 先発B.ウルフ54

日本ハム スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1西川遥輝7
2近藤健介8
3B.レアード5
4中田翔6
5O.アルシア4
6松本剛12
7横尾俊建58
8石井一成38
9清水遊心10
 先発加藤貴之14

ライオンズナイター twitter

× 閉じる