HEADLINE

2017年8月22日(火) 福岡ヤフオク!ドーム

ソフトバンク
試合終了
19回戦
18:00
西武
  • 解説:石井貴/ゲスト:KBC三澤澄也アナ/実況:槙嶋範彦
西武
ソフトバンク
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 1 0 0 1 3 2 X
R H E
0 2 0
7 7 0

スコアボードの得点をクリックすると、そのイニングのトピックスが表示されます。

  • 1回表

    秋山:一直、源田:空三振、浅村:中安→盗塁成功、山川:四球→二死1・2塁、森:空三振で無得点。

    ツーアウトから浅村がヒットを放ち、山川がキャリアハイの29個目となる四球を選び得点圏までランナーを出すが、続く森が倒れライオンズは先制ならず。

  • 2回表

    外崎:空三振、栗山:空三振、炭谷:二飛で三者凡退。

  • 3回表

    金子侑:遊飛、秋山:見三振、源田:投ゴで三者凡退。

    ライオンズはこの回ホークスの先発バンデンハークの前にわずか9球で倒れる。

  • 4回表

    浅村:中飛、山川:見三振、森:中安→盗塁成功で二死2塁、外崎:空三振で無得点。

    森がチーム2本目のヒットで出塁すると、昨年9月1日以来プロ2個目の盗塁で2塁まで進むが得点につなげられず。

  • 5回表

    栗山:左飛、炭谷:右直、金子侑:左直で三者凡退。

  • 6回表

    秋山:空三振、源田:遊ゴ、浅村:空三振で三者凡退。

  • 7回表

    山川:二飛、森:右飛、外崎:空三振で三者凡退。

  • 8回表

    ▼pバンデンハーク→岩崎
    ▼PH川島→4、PH江川→9、栗山:遊ゴ、▼炭谷→PHメヒア:遊飛、金子侑:三ゴで三者凡退。

    バンデンハークから代わった岩崎にも、ライオンズは三者凡退で完璧に抑えられる。

  • 9回表

    ▼P岩崎→嘉弥真
    ▼PR福田→8、秋山:空三振、源田:空三振、浅村:中飛で三者凡退。試合終了。

    本拠地負けなしのバンデンハークの前に、ライオンズ打線は7回まで完璧に抑えられ、ソフトバンクの中継ぎ陣の前にも手も足も出ず、今季9度目の完封負け。
    ライオンズのウルフは6回2失点と粘りのピッチングを見せましたが、あとの中継ぎ陣が5失点と誤算となってしまいました。
    ライオンズは、今季11度目の2連敗で8月15日以来の貯金は20になり、自力優勝が消滅しまいました。
    また、ヤフオクドームで今季2度目の4連敗となり、今季ヤフオクドームで1勝8敗と相性の悪さを発揮しました。
    ライオンズの自力優勝は消滅しましたが、まだまだ選手たちは諦めていません。明日からの試合で一矢報いてもらいましょう!

  • 1回裏

    明石:空三振、今宮:二ゴ、中村晃:一ゴで三者凡退。

    ライオンズの先発ウルフはホークス打線を三者凡退で抑え、完璧な立ち上がり。

  • 2回裏

    柳田:遊直、デスパイネ:三ゴ、松田:右飛で三者凡退。

  • 3回裏

    上林:遊安→高谷の打席でのパスボールで2塁へ、高谷:一ゴ→一死3塁、本多:遊ゴ(+1点)、明石:一ゴで攻撃終了。

    2イニングを完璧に抑えていたライオンズ先発ウルフだが、先頭の上林にヒットを許すとパスボールでランナーを得点圏に進め、本多のショートゴロ間にランナーが帰塁し先制を許す。

  • 4回裏

    今宮:中飛、中村晃:四球、柳田:見三振→中村晃盗塁失敗で無得点。

    ウルフはランナーを背負うも三振ダブルプレーで切り抜け、この回を無失点で抑える。

  • 5回裏

    デスパイネ:空三振、松田:三ゴ、上林:右安→盗塁成功で二塁へ、高谷:捕邪飛で無得点。

  • 6回裏

    本多:遊ゴ、明石:右安、今宮:右越三塁打(+1点)、中村晃:一野選→一死2・3塁、柳田:敬遠→一死満塁、デスパイネ:見三振→二死満塁、松田:三ゴで攻撃終了。

    ウルフは明石にヒットを許すと、続く今宮にタイムリースリーベースを打たれ追加点を許してしまう。

  • 7回裏

    ▼pウルフ→武隈
    ▼上林→PH川島:遊飛、高谷:中越二塁打、▼本多→PH江川:左飛、明石:四球→二死1・2塁、今宮:左中本(+3点)、中村晃:左飛で攻撃終了。

    ライオンズの2番手でマウンドにあがった武隈が、ランナー二人を背負い、今宮に3ランホームランを浴びる。

  • 8回裏

    ▼P武隈→誠
    ▼2炭谷→岡田、5外崎→永江、7栗山→金子侑、9金子侑→外崎、柳田:四球→PR福田、デスパイネ:四球→PR甲斐→無死1・2塁、松田:中飛→一死1・2塁、川島:空三振→二死1・2塁、高谷:四球→二死満塁、江川:右安(+2点)→二死1・2塁、明石:左飛で攻撃終了。

    今季二試合目の登板となったライオンズの3番手・誠は、二死満塁で江川に2点タイムリーヒットを浴びる。

責任投手

  • バンデンハーク(12勝5敗)
  • ウルフ(9勝3敗)

投手

ソフトバンク

バンデンハークー岩崎ー嘉弥真

西武

ウルフー武隈ー誠

本塁打

ソフトバンク

今宮9号3ラン(7回)

西武

西武 スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1秋山翔吾55
2源田壮亮6
3浅村栄斗3
4山川穂高33
5森友哉10
6外崎修汰44
7栗山巧1
8炭谷銀仁朗27
9金子侑司2
 先発B.ウルフ54

ソフトバンク スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1明石健志8
2今宮健太2
3中村晃7
4柳田悠岐9
5A.デスパイネ54
6松田宣浩3
7上林誠知51
8髙谷裕亮12
9本多雄一46
 先発R.バンデンハーク44

ライオンズナイター twitter

× 閉じる