HEADLINE

2017年8月11日(金) ZOZOマリンスタジアム

ロッテ
試合終了
17回戦
18:01
西武
  • 解説:仁志敏久/実況:高橋将市
西武
ロッテ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2 0 1 0 0 0 0 0 0
0 1 0 0 2 0 2 0 ×
R H E
3 12 1
5 10 0

スコアボードの得点をクリックすると、そのイニングのトピックスが表示されます。

  • 1回表

    秋山:右安、源田:投飛、浅村:右本塁打(+2点)、中村剛也:右安、山川:左二塁打→一死2・3塁、金子侑司:空三振、外崎:空三振で攻撃終了。

    前回登板で8回1失点と好投した、マリーンズ先発・酒居から先制点を奪いたいライオンズ打線は、浅村に2試合連続となるホームランが飛び出して先制に成功。

  • 2回表

    岡田雅利:見三振、水口:二ゴロ、秋山:中二塁打、源田:空三振で無得点。

    秋山に今日2本目のヒットとなるツーベースヒットが飛び出すも、後続が倒れて無得点に終わった。

  • 3回表

    浅村:左中本塁打(+1点)、中村剛也:一飛、山川:左安(金子侑司の二ゴロで2塁へ、外崎の打席にキャッチャー・吉田のパスボールで3塁へ)、金子侑司:二ゴロ、外崎:四球、岡田雅利:三直で攻撃終了。

    1点差に縮められたライオンズは、浅村の前日から3打席連続となるソロホームランで再び2点のリードとした。

  • 4回表

    水口:四球(源田の打席の初球、盗塁を試みるも失敗)、秋山:遊飛、源田:右三塁打、浅村:四球→二死1・3塁、中村剛也:空三振で無得点。

    2アウトから源田が球団の新人記録を更新する、今季8本目の三塁打を放ってチャンスをつくるも、後続が倒れて無得点。

  • 5回表

    山川:空三振、金子侑司:三ゴロ、外崎:三ゴロで三者凡退。

    更なる追加点がほしいライオンズ打線だったが、このゲーム初めての三者凡退に倒れた。

  • 6回表

    ▼P酒居→チェン・グァンユウ
    岡田雅利:空三振、水口:投ゴロ、秋山:二ゴロで三者凡退。

    酒居に代わったチェン・グァンユウを捉えたいライオンズ打線だったが、5回に続いてこの回も三者凡退に抑えられた。

  • 7回表

    ▼Pチェン・グァンユウ→有吉、2吉田→田村
    源田:左安、浅村:右飛、中村剛也:遊併殺打で無得点。

    イニングの先頭バッター、源田がヒットで出塁するも、中村剛也が初球を打ってショートへの併殺打に倒れて、結果三人で攻撃を終了した。

  • 8回表

    ▼P有吉→大谷智久、PH井口→3福浦
    山川:右飛、金子侑司:一ゴロ、外崎:中安
    ▼P大谷智久→松永
    ▼岡田雅利→PH栗山→PH渡辺直人:二ゴロで攻撃終了。

    何とかして同点に追いつきたいライオンズは、代打の代打、渡辺直人を出すも、松永の前にセカンドゴロにておれてこの回も無得点。

  • 9回表

    ▼P大谷→益田
    ▼水口→PH木村文紀:中安、秋山:遊安→無死1・2塁、源田:二ゴロ→一死2・3塁、浅村:空三振、中村剛也:空三振で試合終了。

    ライオンズは今季得意としているマリーンズ相手に、カードの初戦を落としてしまいました。
    今日は両先発あまり調子が良くなく、お互い粘りのピッチングを続け、両者とも5回を3失点でゲームをまとめてマウンドを降りました。その後は両チーム継投策を展開し、ライオンズはイニングをまたいでの投球となった武隈が、それまでの打席に当たりのなかったペーニャ、鈴木大地と連続のタイムリーを許し、ゲームを決定づけられました。
    しかし、最終回の代打・木村文紀、続く秋山が塁に出て、一打同点というチャンスをつくるなど、まだあきらめない、そんな気迫のこもったプレーも随所に見られました。
    さあ、このカードの初戦を落としてしまいましたが、次の試合勝って、対マリーンズ戦勝ち越しを決めましょう。炎獅子ユニフォームで、がんばれライオンズ!!

  • 1回裏

    加藤:二ゴロ、荻野:左安、角中:左飛、ペーニャ:四球→二死1・2塁、鈴木大地:空三振で無得点。

    先制点をもらったライオンズ先発・野上の立ち上がり、二者の出塁を許すも、チームで唯一規定打席に到達している鈴木大地を、空振り三振に斬ってとり、無失点で切り抜けた。

  • 2回裏

    中村奨吾:中安、根元:左二塁打→無死2・3塁、三木:三ゴロ(セカンドランナーはタッチアウト、サード・中村剛也のタイムリーエラーで三塁走者生還、バッターランナーはその間に2塁へ+1点)→一死2塁、吉田:遊飛、加藤:四球→二死1・2塁、荻野:一邪飛で攻撃終了。

    粘りのピッチングを続けていた野上は、ランナーをためた後に味方のエラーで1点を返されたものの、後続を打ち取って最少失点に抑えた。

  • 3回裏

    角中:右飛、ペーニャ:空三振、鈴木大地:中飛で三者凡退。

    再びリードを広げてもらった野上は、マリーンズのクリーンアップをこの試合初めて三者凡退に抑えた。

  • 4回裏

    中村奨吾:右二塁打、根元:見三振、三木:三ゴロ、吉田:遊ゴロで無得点。

    野上は先頭バッターの中村奨吾に初球を二塁打にされるも、後続を打ち取って無失点に抑えた。

  • 5回裏

    加藤:一ゴロ、荻野:中安、角中:右本塁打(+2点)、ペーニャ:遊ゴロ、鈴木大地:見三振で攻撃終了。

    粘りのピッチングを続けてきた野上は、復帰してからマリーンズ打線を牽引する好調の角中に一発を浴び、同点とされた。

  • 6回裏

    ▼P野上→平井
    中村奨吾:右二塁打、根元:一ゴロ(中村奨吾が飛び出しタッチアウト、その間に根元は2塁へ)、三木:空三振、▼吉田→PHサントス:四球→二死1・2塁
    ▼P平井→武隈
    加藤:二飛で無得点。

    野上に代わったルーキー・平井克典は、得点圏にランナーを背負ってピンチを背負うも、武隈が後続を打ち取り、無失点に抑える。

  • 7回裏

    荻野:中安、角中:中飛、ペーニャ:右二塁打(+1点)→▼PR細谷、鈴木大地:左安(+1点)(レフトからホームへの送球間に2塁へ)、中村奨吾:死球
    ▼P武隈→牧田
    ▼根元→井口資仁:空三振、三木:二ゴロで攻撃終了。

    イニングまたぎでの続投となった武隈が、マリーンズ打線につかまり、ペーニャ、鈴木大地にタイムリーヒットを打たれて、ライオンズは2点を追いかけることとなった。

  • 8回裏

    ▼2岡田→炭谷
    吉田:二ゴロ、加藤:三ゴロ、荻野:中飛で三者凡退。

    続投した牧田と代わった炭谷とのバッテリーが、マリーンズ打線を三者凡退に抑えた。

責任投手

  • 有吉(2勝4敗)
  • 益田直也(0勝3敗9S)
  • 武隈(4勝2敗)

投手

ロッテ

酒居-チェン・グァンユウ-有吉-大谷-松永-益田

西武

野上-平井-武隈-牧田

本塁打

ロッテ

角中2号2ラン(5回)

西武

浅村14号2ラン(1回)、浅村15号ソロ(3回)

西武 スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1秋山翔吾55
2源田壮亮6
3浅村栄斗3
4中村剛也60
5山川穂高33
6金子侑司2
7外崎修汰44
8岡田雅利37
9水口大地00
 先発野上亮磨20

ロッテ スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1加藤翔平65
2荻野貴司0
3角中勝也3
4W.ペーニャ54
5鈴木大地7
6中村奨吾8
7根元俊一2
8三木亮37
9吉田裕太24
 先発酒居知史23

ライオンズナイター twitter

× 閉じる