HEADLINE

2017年8月8日(火) 京セラドーム大阪

オリックス
試合終了
15回戦
18:00
西武
  • 解説:石井貴/実況:松島茂
西武
オリックス
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
0 0 1 3 1 1 0 0 0
1 2 2 4 2 0 1 0 ×
R H E
6 10 2
12 12 2

スコアボードの得点をクリックすると、そのイニングのトピックスが表示されます。

  • 1回表

    甲子園では第99回全国高校野球選手権が開幕を告げる中、
    ライオンズは京セラドーム大阪へやってきました。
    それぞれの真夏の記憶に想いを馳せながら、
    白球の音に耳を澄ます8月です。
    13連勝、それ以上に価値ある次の1勝、
    宿敵ホークス相手に勝ち越しを決めたライオンズ。
    逃げ水の如く遥か彼方にぼやけていたVロードは、
    いまや夏の夜の夢などではなく
    炎の轍となって眼前にありありと、
    一つの頂点を指し示しています。
    魂に炎を纏った獅子たちが、
    所構わず勝利をもぎ取っていく今週のロード6連戦、
    勝利の色は、何色だ?

    秋山:二ゴロ、源田:二ゴロ、浅村:見三振で三者凡退。

  • 2回表

    中村:四球、山川:中安→1・2塁、栗山:空三振、外崎:空三振、岡田:見三振
    無死1・2塁とチャンスを作るも栗山、外崎、岡田と三者連続三振で同点ならず。

  • 3回表

    金子侑:右安、秋山:(一走金子侑、牽制死)→右安、源田:二ゴロ→2塁、浅村:右二塁打(+1点)、中村:四球→1・2塁、山川:空三振
    二死2塁からキャプテン浅村のタイムリーで1点を返す!

  • 4回表

    栗山:左飛、外崎:中安、岡田:死球→1・2塁、金子侑:一ゴロ失策(+1点)、秋山:右二塁打(+2点)、源田:二ゴロ→3塁、浅村:一ゴロ
    ファースト中島のタイムリーエラーと秋山の2点タイムリーで1点差まで追い上げる!

  • 5回表

    ▼5西野→小谷野
    中村:左安、山川:四球→1・2塁、栗山:三ゴロ→2・3塁、外崎:四球→満塁、▼岡田→PH水口:一ゴロ(+1点)→(一塁中島失策で満塁)、金子侑:空三振、秋山:見三振
    1死満塁で代打水口のファーストゴロの間に1点返します!その後のチャンスは1本が出ず…。

  • 6回表

    ▼金子→金田
    源田:遊直、▼浅村→PH木村文:右二塁打、中村:見三振、山川:中安(+1点)、栗山:見三振
    好調山川が6試合連続打点となるタイムリーで1点を返す!

  • 7回表

    ▼P金田→黒木、3中島→5鈴木昴、5→3小谷野
    外崎:見三振、炭谷:一邪、金子侑:右飛で三者凡退。

  • 8回表

    ▼P黒木→近藤、7T-岡田→8駿太、8→9ロメロ、9→7吉田正
    秋山:空三振、源田:左安、木村文:空三振、中村:遊ゴロで無得点。

  • 9回表

    ▼P近藤→小林、PR→4大城、4→7小島
    山川:空三振、栗山:見三振、外崎:四球、炭谷:左飛で試合終了。

    再びの大型連勝への足掛かりを築きたい、京セラドーム3連戦の初戦。
    しかし先発・十亀が誤算でした。
    前回7回無失点の好投を見せた十亀でしたが、
    今シーズン最短の2回0/3で5失点、まさかのノックアウト。
    ライオンズ打線は連勝中の勢いそのままに、諦めない姿勢を見せました。
    日曜日の試合で執念のヘッドスライディング、
    この日も決意のスタメン出場・キャプテン浅村のタイムリー2ベース、
    7月月間MVP・秋山の2点タイムリー2ベース、
    山川の6試合連続打点となるタイムリーなど、
    バファローズ・金子千尋を相手に食い下がっていきましたが、
    この日はいかんせんライオンズ投手陣が決壊…
    ブルペン陣も次々と失点を重ね、
    バファローズに今季最多12得点を叩き出される結果となりました。
    切り替えていきたい次戦の先発は、
    目下5連勝中、“持ってる男”岡本洋介。
    この男の強運が、またも炎獅子を連勝街道へと導くのか?

  • 1回裏

    T-岡田:右中本塁打(+1点)、吉田正:遊ゴロ、マレーロ:空三振、ロメロ:遊ゴロ
    十亀の立ち上がり、同級生のT-岡田にプロ12年目で初の先頭打者HRを浴び先制を許す。

  • 2回裏

    中島:三ゴロ、小島:四球、西野:一ゴロ失策→1・3塁、伊藤:一邪、安達:右三塁打(+2点)、T-岡田:見三振
    二死1・3塁から安達了一に2点タイムリーを打たれ3点を追う展開に。

  • 3回裏

    吉田正:右安、マレーロ:左安→1・2塁、ロメロ:四球→満塁、中島:左安(+2点)
    ▼P十亀→ガルセス
    小島:三犠打→2・3塁、西野:一直、伊藤:四球→満塁、安達:空三振
    無死満塁から中島に2点タイムリーを打たれたところで十亀からガルセスにスイッチ。後続は0に抑える。

  • 4回裏

    T-岡田:四球、吉田正:空三振、マレーロ:右安→1・2塁、ロメロ:空三振、中島:左二塁打(+1点)→2・3塁、小島:四球→満塁、▼西野→PH小谷野:右中二塁打(+3点)、伊藤:左飛
    2番手ガルセスもオリックス打線の勢いを止められず4点を失う…。

  • 5回裏

    ▼Pガルセス→田村、PH水口→2炭谷
    安達:二ゴロ失策、T-岡田:中飛、吉田正:右中本塁打(+2点)、マレーロ:遊飛、ロメロ:中飛
    6月3日以来の登板となる3番手の田村が吉田に2ランを浴び6点差に…。

  • 6回裏

    ▼PH→9木村文、9→4外崎
    中島:遊ゴロ、小島:右飛、小谷野:右安、伊藤:遊飛で無得点。

  • 7回裏

    安達:遊ゴロ、T-岡田:二ゴロ、吉田正:右本塁打(+1点)、マレーロ:見三振
    田村が吉田正に2打席連続ホームランを浴び再び6点差に…。

  • 8回裏

    ▼P田村→平井
    ロメロ:中安→PR大城、鈴木昴:二併、小島:三ゴロで無得点。

責任投手

  • 金子(9勝6敗)
  • 十亀(6勝5敗)

投手

オリックス

金子-金田-黒木-近藤

西武

十亀-ガルセス-田村-平井-小林

本塁打

オリックス

T-岡田22号ソロ(1回)吉田正尚6号2ラン(5回)吉田正尚7号ソロ(7回)

西武

西武 スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1秋山翔吾55
2源田壮亮6
3浅村栄斗3
4中村剛也60
5山川穂高33
6栗山巧1
7外崎修汰44
8岡田雅利37
9金子侑司2
 先発十亀剣21

オリックス スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1T-岡田55
2吉田正尚34
3C.マレーロ12
4S.ロメロ9
5中島宏之1
6小島脩平38
7西野真弘5
8伊藤光22
9安達了一3
 先発金子千尋19

ライオンズナイター twitter

× 閉じる