HEADLINE

2017年7月30日(日) ZOZOマリンスタジアム

ロッテ
試合終了
16回戦
17:00
西武
西武
ロッテ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
1 0 6 0 0 0 0 0 0
0 1 1 0 0 1 1 0 0
R H E
7 8 0
3 8 1

スコアボードの得点をクリックすると、そのイニングのトピックスが表示されます。

  • 1回表

    8連勝中と絶好調のライオンズ!7月最終戦、6年ぶりの9連勝に向けて今季ロッテ戦3戦3勝のウルフが登板します。

    秋山:三強襲内安+大嶺送球エラー、源田:一ゴ→無死3塁、浅村:四球、中村剛也:三ゴ(+1点)、山川:遊ゴで三者凡退。

    好調のライオンズは先頭の秋山の内野安打からチャンスを広げ一点を先取しました!

  • 2回表

    メヒア:一邪飛、外崎:見三振、炭谷:二内安、金子:見三振で無得点。

    2アウトから内野安打で炭谷が出塁しましたが後が続かずこの回は無得点で終了しました。

  • 3回表

    秋山:四球、源田:中飛、秋山盗塁成功、浅村:左安→一死1.2塁、中村剛也:四球→満塁、山川:左二塁打(+2点)→一死2・3塁、メヒア:左飛、外崎:中安(+2点)、炭谷:中安(+1点)、金子:中三塁打(+1点)、秋山:遊ゴで攻撃終了。

    ライオンズはこの回、先頭の秋山の出塁をきっかけに打線がつながり、打者10人の猛攻で6点のリードを奪いました!

  • 4回表

    源田:空三振、浅村:右飛、中村剛也:二ゴで三者凡退。

    マリーンズ先発石川歩はこの回までに102球を費やしています。

  • 5回表

    山川:空三振、メヒア:空三振、外崎:空三振

    ここまでマリーンズのピッチャー石川歩を打ち崩してきたライオンズでしたが、この回は三者連続三振を喫し、2イニング連続の三者凡退に倒れました。

  • 6回表

    ▼P石川歩→南
    炭谷:遊ゴ、金子:四球、金子盗塁失敗、秋山:左飛で攻撃終了。

    3回以来のランナーを出したライオンズでしたが盗塁失敗に終わり、結局3人で攻撃を終えました。

  • 7回表

    源田:一ゴ、浅村:中安、中村剛也:空三振、山川:四球、メヒア:遊ゴで攻撃終了。

    この回浅村のセンター前ヒットで3回以来の安打が生まれました。

  • 8回表

    ▼P南→有吉
    ▼細谷→7、▼PR三木→6、▼中村奨吾→5、▼大嶺翔太→3、外崎:右飛、炭谷:一邪飛、金子:中飛で三者凡退に倒れる。

  • 9回表

    ▼P有吉→東條
    秋山:二ゴ、源田:左飛、浅村:一邪飛で三者凡退。

    3回に打線爆発し6点を奪ったライオンズでしたが、直後の4回以降快音が聞こえず1安打のみに終わっています。

  • 1回裏

    角中:一ゴ、加藤翔平:左安、鈴木大地:空三振、加藤盗塁成功、パラデス:空三振で無得点。

    1アウトからバッターを出したウルフでしたが危なげないピッチングで初回のマリーンズ打線を抑えました。
    パラデスはこれでオールスター明けからの30打席ノーヒットです。

  • 2回裏

    福浦:二ゴ、中村奨吾:三ゴ、サントス:右本塁打(+1点)、大嶺翔太:遊飛で攻撃終了。

    サントスの3号ソロホームランでライオンズは同点に戻されてしまいました。

  • 3回裏

    田村龍弘:左安、角中:右安→無死1・3塁、加藤翔平:中安(+1点)→無死1・2塁、ウルフ暴投→2・3塁、鈴木:投ゴ→1・2塁、パラデス:三邪飛、福浦:一ゴで攻撃終了。

    6点の大量援護を受けたウルフでしたが先頭から3連打をゆるし、マリーンズに1点をかえされてしまいました。

  • 4回裏

    中村奨吾:四球、サントス:空三振、大嶺翔太:左飛、田村龍弘:二内安→二死1・2塁、角中:一ゴで無得点。

    2回・3回と連続でマリーンズに得点を許していたライオンズ先発ウルフでしたが、この回はゼロで切り抜けました。

  • 5回裏

    加藤翔平:遊内安、鈴木:一ゴ、パラデス:二ゴ、福浦:四球、中村奨吾:左飛で攻撃終了。

    先頭バッターに3イニング連続で出塁を許したウルフでしたが、バックの守備にも助けられマリーンズクリーンナップを無失点に抑えました。

  • 6回裏

    ▼Pウルフ→平井
    サントス:一ゴ、大嶺翔太:空三振、田村龍弘:二飛で三者凡退。

  • 7回裏

    ▼P平井→武隈
    角中:死球、▼加藤翔平→細谷:空三振、鈴木:右飛、▼パラデス→ペーニャ:右二塁打(+1点)、▼福浦→井口:左飛

    先頭の角中に死球を当ててしまった武隈は代打ででできたペーニャにタイムリーツーベースをゆるしてしまいました。

  • 8回裏

    ▼P武隈→牧田
    中村奨吾:遊ゴ、サントス:見三振、大嶺翔太:投ゴで三者凡退。

    ライオンズ4番手の牧田はテンポよく、8球でこのイニングを締めました。

  • 9回裏

    ▼P牧田→増田
    田村龍弘:空三振、角中:空三振、細谷:空三振で試合終了。

    8連勝中と絶好調のライオンズは、今日の7月最終戦、今季ロッテ戦3戦3勝、ビジター球場負けなしのウルフが登板し、要所要所を締めるピッチングで勝利を導きました。
    両チームともにヒット数8と数字では同じですが連打で効率よく点数を取ったライオンズがマリーンズを上回りました。
    これでチームは2011年以来6年ぶりの9連勝になりました。

    明後日からは今まさに首位争いを繰り広げているイーグルス・ホークスとの6連戦。
    場所はわれらがホーム、勝率6割4分を誇るメットライフドーム。
    この勢いにのり、8月も連勝街頭をつっぱしってタカワシ狩りに臨みましょう!

責任投手

  • ウルフ(8勝2敗)
  • 石川歩(2勝9敗)

投手

ロッテ

石川歩―南―有吉―東條

西武

ウルフ―平井―武隈―牧田―増田

本塁打

ロッテ

サントス3号ソロ(2回)

西武

西武 スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1秋山翔吾55
2源田壮亮6
3浅村栄斗3
4中村剛也60
5山川穂高33
6E.メヒア99
7外崎修汰44
8炭谷銀仁朗27
9金子侑司2
 先発B.ウルフ54

ロッテ スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1角中勝也3
2加藤翔平65
3鈴木大地7
4J.パラデス42
5福浦和也9
6中村奨吾8
7R.サントス10
8大嶺翔太50
9田村龍弘22
 先発石川歩12

ライオンズナイター twitter

× 閉じる