HEADLINE

2017年7月29日(土)ZOZOマリンスタジアム

ロッテ
試合終了
15回戦
17:00
西武
西武
ロッテ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
0 0 1 0 0 0 2 0 3
0 0 0 0 0 0 0 0 1
R H E
6 9 0
1 7 1

スコアボードの得点をクリックすると、そのイニングのトピックスが表示されます。

  • 1回表

    秋山:左飛、源田:二ゴロ、浅村:見三振で三者凡退。

    自身4連敗中のロッテ先発・二木相手に、積極的に打ちにいくも無得点。

  • 2回表

    中村:左2、栗山:遊飛、山川:見三振、外崎:遊ゴで無得点。

  • 3回表

    岡田:見三振、金子:中安、秋山:(金子二盗→キャッチャー田村の悪送球で一死3塁)四球(一死1・3塁)、源田:右安(+1点・一死1・2塁)、浅村:二併

    金子が今季10個目の盗塁を記録。隙のない走塁を見せつけ、相手のミスににも乗じて1点を先制!!

  • 4回表

    中村:捕邪、栗山:中安、山川:空三振、外崎:左飛で無得点。

  • 5回表

    岡田:二ゴ、金子:空三振、秋山:空三振で三者凡退。

  • 6回表

    源田:中2、浅村:一ゴ、中村:空三振、栗山:一ゴで無得点。

    源田がこの試合2安打目となる2塁打を放ち、追加点のチャンスと思われたが後続倒れ無得点。

  • 7回表

    ▼PR細谷→7 山川:四球→▼山川→PR水口、外崎:投ギ、岡田:四球、金子四球(二死満塁)
    ▼P二木→松永
    秋山:右安(+1点)、源田:中犠(+1点)
    ▼P松永→有吉
    浅村:(ロッテ3番手投手・有吉の初球に秋山・金子のダブルスチール 二死2、3塁)四球(二死満塁)、中村:三ゴ

    秋山の適時打、源田のこの試合2打点目となる犠牲フライ、意表を突いた走塁の猛攻で貴重な追加点!3対0、リードを2点に広げる。
    秋山は10個目、金子は11個目の盗塁を記録。

  • 8回表

    栗山:見三振、▼水口→PHメヒア:中飛、外崎:三邪で三者凡退。

  • 9回表

    ▼P有吉→東條
    岡田:遊ゴ、金子:四球、秋山:左2(+1点)、源田:一ゴ、浅村:中安(+1点)、中村:四球、栗山:投安(+1点)、木村:空三振。

    最終回、秋山・浅村・栗山の適時打で3点を追加。6対0とする。

  • 1回裏

    サントス:空三振、加藤:空三振、鈴木:見三振で三者凡退。

    2連勝中で、7/10のロッテ戦から10イニング連続無失点中、前回登板も7回無失点と抜群の安定感を誇る多和田がマウンドへ。
    注目の初回、3者連続三振で斬ってとる最高の立ち上がり。

  • 2回裏

    井口:中飛、角中:四球、中村:遊ゴ(一死1塁)、福浦(中村盗塁失敗でチェンジ)

    3試合ぶりにスタメンマスクをかぶった岡田の矢のような送球で盗塁を阻止し無得点。

  • 3回裏

    福浦:遊ゴ、三木:遊ゴ、田村:左2、サントス:死球、加藤:空三振で無得点。

  • 4回裏

    鈴木:遊ゴ、井口:空三振、角中:中飛で三者凡退。

  • 5回裏

    中村:中安、福浦:右安、三木:捕ギ、田村:遊ゴ(二死2・3塁)、サントス:二ゴで無得点。

    先発・多和田は5回を、打者19人、73球、被安打3、5奪三振で無失点ピッチングを継続。
    尚、7/10からの無失点イニングを15に伸ばす。

  • 6回裏

    ▼加藤→PHパラデス:死球→▼パラデス→PR細谷、鈴木:捕ゴ(二死)、井口:右安、角中:左安、中村:空三振

    鈴木の打ち上げたフライを捕手・岡田が処理し一塁走者と打者走者の鈴木がアウト。
    二死走者なしとしたが、鈴木の記録は併殺にならず捕ゴロ。

  • 7回裏

    ▼PR水口→4、4浅村→3 福浦:空三振、三木:空三振、田村:空三振で三者凡退。

    先発・多和田は7回を、打者27人、105球、被安打5、9奪三振、無失点。
    尚、7/10からの無失点イニングを17に伸ばした。

  • 8回裏

    ▼PHメヒア→9木村、9外崎→4
    ▼P多和田→シュリッター
    サントス:二ゴ、細谷:二ゴ、鈴木:遊ゴで三者凡退。

    先発・多和田の後を継いだシュリッターも三者凡退でロッテに得点を許さない投球を披露。

  • 9回裏

    ▼Pシュリッター→野田
    井口:中飛、角中:遊ゴ、中村:中3、▼福浦→PHペーニャ:左2(+1点)、▼三木→PH大嶺:四球、▼田村→PH伊志嶺:二ゴで試合終了。

    シュリッターにかわり3番手野田がマウンドに上がる。1失点するも最後は代打・伊志嶺を二ゴロに打ち取り試合終了。
    西武は、2013年以来4年ぶりとなる8連勝で貯金は14。多和田は自身の連勝を3に伸ばす。秋山は10試合連続安打を記録。

    次の試合はロッテ-西武16回戦。9連勝に向け、今季7勝2敗のウルフがマウンドに上がる。

責任投手

  • 多和田(3勝2敗)
  • 二木(4勝5敗)

投手

ロッテ

二木-松永-有吉-東條

西武

多和田-シュリッター-野田

本塁打

ロッテ

西武

西武 スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1秋山翔吾55
2源田壮亮6
3浅村栄斗3
4中村剛也60
5DH栗山巧1
6山川穂高33
7外崎修汰44
8岡田雅利37
9金子侑司2
 先発多和田真三郎18

ロッテ スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1R.サントス10
2加藤翔平65
3鈴木大地7
4DH井口資仁6
5角中勝也3
6中村奨吾8
7福浦和也9
8三木亮37
9田村龍弘22
 先発二木康太64

ライオンズナイター twitter

× 閉じる