HEADLINE

2017年7月14日(金) ナゴヤドーム

全セ
試合終了
オールスター
19:05
全パ
  • 解説:東尾修/実況:松島茂
全パ
全セ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
1 0 0 0 0 0 1 3 1
0 0 0 1 0 1 0 0 0
R H E
6 9 0
2 6 0

スコアボードの得点をクリックすると、そのイニングのトピックスが表示されます。

  • 1回表

    秋山:左本(+1点)、浅村:一飛、大谷:空三振、柳田:一ゴロ

    L秋山翔吾、オールスター史上9人目の先頭打者HRで全パが先制、Lの切り込み隊長がここでも存在感を発揮!

  • 2回表

    松田:遊ゴ、中田:左二塁打、上林:見三振、嶋:遊ゴロで無得点。

    Dバルデスは得点圏にランナーを背負うも追加点許さず無得点。

  • 3回表

    ▼Pバルデス→田口
    今宮:空三振、秋山:遊ゴ、浅村:二ゴロで三者凡退無得点。

    代わって登板した全セ2番手G田口が三者凡退に抑える。

  • 4回表

    ▼5鳥谷→マギー、8糸井→大島
    大谷:左飛、柳田:空三振、松田:二直で三者凡退無得点。

    G田口が2イニング連続で三者凡退に抑える。

  • 5回表

    ▼P田口→岡田
    中田:空三振、上林:二ゴロ、嶋:二ゴロで三者凡退無得点。

    全パは全セの投手陣の前に3イニング連続三者凡退に抑えられる。

  • 6回表

    源田:二ゴロ、秋山:左飛、浅村:三ゴロで三者凡退無得点。

    このイニング、Lの選手3人が打席に立つも出塁できず無得点。

  • 7回表

    ▼P岡田→又吉、2梅野→戸柱、6坂本→田中、7筒香→丸
    ▼大谷→PH内川:中安、西川:中安、松田:一飛、中田:空三振、▼上林→PHデスパイネ:右安(+1点)→1・3塁、▼嶋→PHレアード:空三振

    代打のHデスパイネがライトへタイムリーを放って、全パがすぐさま同点に追いつく。

  • 8回表

    ▼P又吉→マテオ、PH阿部→3、PH宮崎→4
    源田:左飛、秋山:投安、▼浅村→PH鈴木:空三振、秋山盗塁→二死2塁、内川:中安(+1点)、西川:右本(+2点)、松田:空三振

    途中出場のH内川が勝ち越しタイムリーとF西川の5階席に飛び込む特大のHRでこの回3点をあげる。

  • 9回表

    ▼Pマテオ→山﨑
    中田:中本(+1点)、T-岡田:三邪飛、田村:二直、源田:中飛

    F中田翔、7度目の出場にして初めてのHRを放ち全パがリードを広げる。

  • 1回裏

    糸井:四球、鳥谷:空三振、坂本:遊飛、筒香:左飛で無得点。

    H千賀は先頭に四球を与え出塁を許すも、後続を打ち取り無得点に抑える。

  • 2回裏

    ゲレーロ:空三振、鈴木:中飛、新井:三ゴロで三者凡退無得点。

    この試合両チーム初の三者凡退イニングとなる。

  • 3回裏

    ▼P千賀→菊池
    梅野:左飛、菊池:遊ゴロ、糸井:遊安、鳥谷:右飛で無得点。

    L菊池雄星、二死から安打を許すも後続抑え無得点に抑える。

  • 4回裏

    ▼6今宮→源田
    坂本:空三振、筒香:左本(+1点)、ゲレーロ:三ゴロ、鈴木:左二塁打、新井:遊ゴロ

    DB筒香が史上6人目3試合連続HRを放ち、全セが同点に追いつく。

  • 5回裏

    ▼P菊池→谷元、8柳田→西川
    梅野:二飛、菊池:三飛、大島:左飛で三者凡退無得点。

    代わって登板した全パ3番手F谷元が三者凡退に抑える。

  • 6回裏

    ▼P谷元→山岡
    マギー:中飛、坂本:中安、筒香:空三振、坂本盗塁→二死2塁、ゲレーロ:左二塁打(+1点)、鈴木:遊飛

    代わって登板した全パ4番手Bs山岡からDゲレーロがレフトへ二塁打を放ち、全セが勝ち越す。

  • 7回裏

    ▼PHデスパイネ→7T-岡田、PHレアード→2田村
    ▼新井→PH阿部:遊ゴロ、戸柱:左飛、▼菊池→PH宮崎:捕ゴロで三者凡退無得点。

    L源田、PH阿部のショート右への鋭い当たりを横っ飛び!源田の好守もあり、このイニング三者凡退に抑える。

  • 8回裏

    ▼P山岡→牧田
    大島:中安、マギー:二併、田中:投ゴロ

    L牧田が先頭にヒットを許すも後続を断ち、快投を見せる。

  • 9回裏

    ▼P牧田→松井
    丸:二ゴロ、ゲレーロ:空三振、鈴木:中飛で試合終了。

    全パが終盤に得点を重ねて3年ぶりに全セに勝ち、通算パ81勝、セ78勝、11分となりました。
    MVPは8回に勝ち越し打となるタイムリーを放つなど途中出場ながら2打数2安打と活躍したH内川が、
    敢闘選手賞はL秋山、F西川、DB筒香が受賞しました。
    ライオンズは野手:秋山・浅村・源田、投手:菊池・牧田が出場!
    中でも秋山は先頭打者HRを含む、4打数2安打1打点1盗塁と輝きを見せました。
    オールスター第2戦は場所を移してZOZOマリンスタジアムで行われます。
    第2戦もライオンズ含めパリーグの活躍に期待しましょう!

責任投手

  • 山岡(1勝)
  • マテオ(1敗)

投手

全セ

バルデス-田口-岡田-又吉-マテオ-山﨑

全パ

千賀-菊池-谷元-山岡-牧田-松井

本塁打

全セ

筒香1号ソロ(4回)

全パ

秋山1号ソロ(1回) 西川1号2ラン(8回) 中田1号ソロ(9回)

全パ スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1秋山翔吾(L)55
2浅村栄斗(L)3
3大谷翔平(F)11
4柳田悠岐(H)9
5松田宣浩(H)3
6中田翔(F)6
7上林誠知(H)51
8嶋基宏(E)37
9今宮健太(H)6
 先発千賀滉大(H)41

全セ スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1糸井嘉男(T)7
2鳥谷敬(T)1
3坂本勇人(G)6
4筒香嘉智(DB)25
5ゲレーロ(D)42
6鈴木誠也(C)51
7新井貴浩(C)25
8梅野隆太郎(T)44
9菊池涼介(C)33
 先発R.バルデス(D)44

ライオンズナイター twitter

× 閉じる