HEADLINE

2017年7月6日(木) 札幌ドーム

日本ハム
試合終了
13回戦
18:01
西武
  • 解説:東尾修/実況:片山真人
西武
日本ハム
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
0 0 4 0 0 3 0 0 0
0 1 2 1 1 0 0 1 0
R H E
7 12 2
6 10 1

スコアボードの得点をクリックすると、そのイニングのトピックスが表示されます。

  • 1回表

    秋山:左邪飛、源田:三邪飛、浅村:遊直で三者凡退。

    先制点を奪いたいライオンズ打線は、ファイターズ先発メンドーサの前に、初回三者凡退に倒れる。

  • 2回表

    中村:二飛、メヒア:遊飛、外崎:投直で三者凡退。

    ライオンズ打線は前の回に続き、メンドーサに僅か8球で打ち取られる。

  • 3回表

    水口:二ゴロ、炭谷:遊安、金子侑:右安→一死1・2塁、秋山:右二塁打(+2点)、源田:右本(+2点)、浅村:四球、中村:中安→一死1・2塁、メヒア:四球→一死満塁、外崎:空三振、水口:左飛

    来日初登板のファイフを援護したいライオンズ打線は、この回打者一巡の猛攻で一挙4得点を挙げ逆転に成功!

  • 4回表

    ▼7大田→松本、炭谷:空三振、金子侑:遊安(源田の打席でピッチャーメンドーサの暴投により進塁→二死2・3塁)、秋山:二安→一死1・2塁(源田の打席でピッチャーメンドーサの暴投により進塁→二死2・3塁)、浅村:遊ゴロで無得点。

    追加点を奪いたいライオンズ打線は、内野安打2本でチャンスを作るも、源田と浅村が連続で打ち取られ無得点に終わる。

  • 5回表

    中村:空三振、メヒア:四球、外崎:二併打で無得点。

    勝ち越し点を奪いたいライオンズ打線は、この回もランナーを出すが無得点に抑えられる。

  • 6回表

    水口:左安、炭谷:投犠打→一死2塁、
    ▼Pメンドーサ→宮西
    金子侑:投安→一死1・3塁(秋山の打席で盗塁成功→一死2・3塁)、秋山:中安(+2点)、源田:投ゴロ→二死2塁、浅村:三失(+1点)、中村:四球→二死1・2塁、メヒア:右飛

    下位打線が作ったチャンスを活かし、逆転に成功!これでライオンズ2番手ルーキー平井がプロ初勝利の権利を得る!

  • 7回表

    ▼P宮西→石川
    外崎:二ゴロ、水口:空三振、炭谷:右安(金子侑の打席で盗塁成功とピッチャー石川の暴投→二死3塁)、金子侑:四球→二死1・3塁、秋山:四球→二死満塁、源田:一邪飛で無得点。

    リードを広げたいライオンズ打線は2アウトから満塁のチャンスを作るも活かせず、無得点に終わる。

  • 8回表

    ▼P石川→田中豊
    浅村:右二塁打、中村:空三振、メヒア:見三振、外崎:見三振で無得点。

    無死2塁のチャンスも後続が倒れ無得点に終わる。

  • 9回表

    ▼PH杉谷→2清水
    ▼P田中豊→公文
    ▼水口→PH愛斗:遊ゴロ、炭谷:中飛、金子侑:遊ゴロで三者凡退。

    追加点を奪いたいライオンズ打線は、ファイターズ5番手公文の前に2回以来の三者凡退に倒れる。

  • 1回裏

    西川:投ゴロ、大田:中飛、中田:死球、レアード:三ゴロで無得点。

    来日初登板初先発のファイフが、死球でランナーを出すも無失点で切り抜ける。

  • 2回裏

    田中賢:四球(石井一の打席で盗塁成功→一死2塁)、ドレイク:空三振、石井一:右飛→二死3塁、大野:左安(+1点)、中島:四球→二死1・2塁、西川:一邪飛

    先頭の田中賢介が四球を選び、石井一成の打席でプロ野球史上74人目となる通算200盗塁を決める。
    ライオンズ先発ファイフは、今日スタメンマスクを被る大野にタイムリーヒットを許し、先制点を奪われる。

  • 3回裏

    大田:中安、中田:左飛、レアード:遊飛、田中賢:中安→二死1・2塁、ドレイク:左安→二死3塁(+2点)、石井一:二ゴロ

    援護点を貰ったファイフがドレイクに来日初打点を許し、ライオンズのリードが1点に縮まる。

  • 4回裏

    大野:三ゴロ、中島:四球、西川:右安→一死1・3塁、松本:右安→一死1・3塁(+1点)(中田の打席で牽制死→二死3塁)、
    ▼Pファイフ→平井
    中田:空三振

    前の回の守備から出場している松本剛に同点タイムリーヒットを許し、来日初先発のファイフは4回途中4失点KO。

  • 5回裏

    レアード:四球、田中賢:遊直、ドレイク:遊ゴロ→二死1塁、石井一:右三塁打(+1点)、大野:空三振

    2番手平井は、ショート源田の好捕もあり2アウトまで抑えるも石井一成にタイムリー3ベースを許し、この試合初めてファイターズにリードを許す。

  • 6回裏

    ▼P平井→大石
    中島:左飛、西川:空三振、松本:中安、中田:捕邪飛で無得点。

    この回からマウンドに上がった3番手大石が、逆転した直後の回を無失点で切り抜け流れを作る。

  • 7回裏

    ▼大石→牧田
    レアード:空三振、田中賢:遊ゴロ、ドレイク:見三振で三者凡退。

    4番手牧田がわずか10球で、ファイターズ打線をこの試合初めての三者凡退に打ち取る。

  • 8回裏

    ▼P牧田→シュリッター
    石井一:左飛、▼大野→PH杉谷:遊ゴロ、中島:四球(西川の打席でピッチャーシュリッターの牽制悪送球により進塁→二死3塁)、西川:中安(+1点)、松本:左安→二死1・2塁、中田:左飛

    5番手シュリッターが2アウトまで危なげなく奪うも、自らのミスでランナーを3塁に背負い、西川にタイムリーヒットを許す。

  • 9回裏

    ▼PH愛斗→9、7外崎→4、9金子侑→7
    ▼Pシュリッター→増田
    レアード:空三振、田中賢:遊直、ドレイク:空三振で試合終了。

    両チーム合わせて22安打が飛び出す乱打戦を見事制し、ライオンズは今季6度目の3連勝となりました!来日初登板初先発のファイフが4回途中4失点で降板するも、2番手でマウンドに上がったルーキー平井がプロ初勝利を飾っています!打線も1番秋山が4打点を挙げ、下位打線の作るチャンスをしっかりと得点に結びつけました。明日から仙台へ移り、首位イーグルスとの3連戦となります。3試合連続2ケタ安打と好調の打線、そしてエース菊池の投球で4連勝を飾ってもらいましょう!

責任投手

  • 平井(1勝0敗)
  • 増田(1勝3敗17S)
  • 宮西(1勝3敗)

投手

日本ハム

メンドーサ-宮西-石川-田中豊-公文

西武

ファイフ-平井-大石-牧田-シュリッター-増田

本塁打

日本ハム

西武

源田3号2ラン(3回)

西武 スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1秋山翔吾55
2源田壮亮6
3浅村栄斗3
4中村剛也60
5E.メヒア99
6外崎修汰44
7水口大地00
8炭谷銀仁朗27
9金子侑司2
 先発S.ファイフ69

日本ハム スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1西川遥輝7
2大田泰示33
3中田翔6
4B.レアード5
5田中賢3
6Y.ドレイク52
7石井一成38
8大野奨太27
9中島卓也9
 先発L.メンドーサ15

ライオンズナイター twitter

× 閉じる