HEADLINE

2017年7月2日(日) メットライフドーム

西武
試合終了
11回戦
13:01
オリックス
オリックス
西武
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
0 1 0 1 3 0 0 1 0
2 0 0 1 0 0 0 0 0
R H E
6 13 1
3 7 1

スコアボードの得点をクリックすると、そのイニングのトピックスが表示されます。

  • 1回表

    小島:右飛、駿太:中飛、小谷野:一ゴロで三者凡退。

    先発ウルフの立ち上がり、いい当たりを打たれたものの、僅か7球で3つのアウトを奪った。

  • 2回表

    ロメロ:中越え本塁打(+1点)、T-岡田:右飛、中島:空三振、マレーロ:左安、大城:中飛で攻撃終了。

    先制した直後、ロメロの一発で1点を失う。

  • 3回表

    若月:一直、小島:中安、駿太:左飛、小谷野:右安→二死1・3塁、ロメロ:三ゴロで無得点。

    ウルフは2本のヒットでピンチを背負ったものの、無失点に抑える。

  • 4回表

    T-岡田:四球、中島:右安→無死1・2塁、マレーロ:中安(+1点)→無死1・2塁、大城:捕ゴロ(バント失敗)→一死1・2塁、若月:三併打で攻撃終了。

    先頭のT-岡田にいきなりフォアボールを与えた後、連打で1点失うも、続く大城のバントをキャッチャー炭谷が3塁で刺し、若月もダブルプレーに斬って取り、この回を1失点で切り抜けた。

  • 5回表

    小島:三失、駿太:投犠打、小谷野:空三振、ロメロ:中安(+1点)、T-岡田:左安→二死1・2塁、中島:四球→二死満塁、マレーロ:左安(+2点)→二死1・2塁
    ▼P:ウルフ→平井
    大城:遊ゴロ

    勝ち越した直後、先頭の小島の打球をサード中村がエラー。その後、2アウト2塁からロメロにタイムリーを打たれ同点。さらに二死満塁からマレーロに2点タイムリーを浴び、逆転を許す。

  • 6回表

    若月:空三振、小島:右安、駿太:二併打で無得点。

    前の回から登板の平井がこの回を3人で抑えた。

  • 7回表

    ▼P:平井→大石
    小谷野:左飛、ロメロ:空三振、T-岡田:四球、中島:左安→二死1・2塁▼PR:中島→安達、マレーロ:捕邪飛で無得点。

    代わった大石が2アウトからランナーを出すも、無失点で切り抜ける。

  • 8回表

    ▼P:大石→武隈
    大城:右中間二塁打、若月:投犠打、小島:中安(+1点)、駿太:投犠打、小谷野:中飛で攻撃終了。

    代わった武隈は先頭の大城にいきなりツーベースを打たれると、小島にタイムリーを浴び追加点を許す。

  • 9回表

    ▼P:武隈→野田
    ロメロ:見三振、T-岡田:遊飛、安達:二ゴロで三者凡退。

    野田が初回以来の三者凡退に抑える。

  • 1回裏

    秋山:四球、源田:四球(1塁ランナー秋山牽制死)、浅村:三失、中村:左安(+1点)(浅村走塁死→二死2塁)、栗山:左二塁打(+1点)、メヒア:空三振で攻撃終了。

    秋山の牽制死、浅村の走塁死でチャンスがしぼみかけるも、4番中村が先制タイムリー!!
    さらに栗山が史上69人目の300二塁打となるタイムリーツーベースで続き、この回2点先制!!

  • 2回裏

    外崎:遊直、炭谷:三ゴロ、金子侑司:空三振で三者凡退。

  • 3回裏

    秋山:遊ゴロ、源田:遊ゴロ、浅村:中飛

    2イニング連続の三者凡退。

  • 4回裏

    中村:三ゴロ、栗山:中安、メヒア:左安→一死1・2塁、外崎:空三振→二死1・2塁、炭谷:左安(+1点)→二死2・3塁、金子侑司:左飛で攻撃終了。

    1アウトから栗山のヒットで、3イニング振りにランナーを出すと、メヒアが続き、2アウトから炭谷のタイムリーヒットでこの回ライオンズが勝ち越しに成功!!

  • 5回裏

    秋山:二ゴロ、源田:中飛、浅村:右飛で三者凡退。

  • 6回裏

    ▼P:ディクソン→金田
    中村:四球、栗山:右安→無死1・3塁、メヒア:一邪飛、外崎:空三振、炭谷:二飛

    代わった金田から先頭の中村がフォアボール、続く栗山のヒットで無死1,3塁とするも、後続なく無得点に終わった。

  • 7回裏

    ▼P:金田→近藤
    ▼PR→6:安達,6→5:大城、5→3小谷野
    金子侑司:一安、秋山:見三振、源田:空三振、浅村:中飛

    先頭の金子侑司が内野安打で出塁するも、得点にはつながらず。

  • 8回裏

    ▼P:近藤→黒木
    ▼4:小島→5:鈴木,5→4:大城
    中村:三ゴロ、栗山:中飛、メヒア:中飛で三者凡退。

  • 9回裏

    ▼P:黒木→平野
    ▼7:T-岡田→7:武田
    外崎:二飛、▼PH:水口:二ゴロ、金子侑司:二ゴロで三者凡退。

    ウルフが今季2敗目、チームは今季初の5連敗となりました。
    初回に中村のタイムリーと栗山の通算300二塁打となるタイムリーツーベースで2点を先制、
    追い付かれた直後の4回裏には、炭谷のタイムリーで再びリードを奪います。
    しかし5回表、サード中村のエラーをきっかけに3点を失い、逆転を許してしまいます。
    それ以降ライオンズは得点を奪えず、痛恨の逆転負け。
    バファローズ戦の同一カード3連敗は今季2度目、
    メットライフドームでは、今シーズン対バファローズ5戦5敗です。
    しかし今日は、栗山が開幕戦以来の猛打賞と、明るい話題もありました。
    月曜日からは東京ドームでファイターズ戦が始まります。
    先発は岡本洋介投手です。連敗を止めてもらいしょう!!

責任投手

  • ディクソン(6勝5敗)
  • 平野(2勝3敗18S)
  • ウルフ(6勝2敗)

投手

西武

ウルフ-平井-大石-武隈-野田

オリックス

ディクソン-金田-近藤-黒木-平野

本塁打

西武

オリックス

ロメロ 14号ソロ(2回)

オリックス スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1小島脩平38
2駿太8
3小谷野栄一31
4S.ロメロ9
5T-岡田55
6中島宏之1
7C.マレーロ12
8大城滉二10
9若月健矢37
 B.ディクソン32

西武 スターティングメンバースタメン

打順ポジション守備選手背番
1秋山翔吾55
2源田壮亮6
3浅村栄斗3
4中村剛也60
5栗山巧1
6E.メヒア99
7外崎修汰44
8炭谷銀仁朗27
9金子侑司2
 B.ウルフ54

ライオンズナイター twitter

× 閉じる